アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【2021年2月3日 立春】鬼のパワーを使って 新しい時代の風に乗ろう!

      2021/02/07

今日、2月3日は『立春』です。

今年は、124年ぶりに、例年より1日早い立春となり、節分も1日早くなりました。

立春は、一年のスタートを意味します。

今日から、新たなステージがスタートするという事です。

また、立春から運気が変わるとも言われていますね。

お天気も、昨日、今日と強風で大荒れでした。

浄化の強風でしょうか。

まるで邪気を振り払ってくれるかのようでした。

昔から、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていました。

昨日は、節分だったので、豆まきや恵方巻を食べられた方も多いかと思います。

今年の節分はどうでしたか?

いつもの節分とは少し違いましたか?

立春の前に、しっかり邪気を祓えましたか?

恵方巻は、鬼の金棒を意味するそうです。

私は、鬼に金棒にあやかって一年間、強い心で過ごせるよう、恵方巻を食べました。

そして、今年も「鬼は内、福は内」と言って豆まきをしました。

やっぱり私は鬼は内です!

鬼は、決して悪者ではありません。

強い味方です。

この一年、私たちは、鬼が祀られている聖地を巡って来ましたが、色々な聖地で鬼を尊重しているのを見かけてきました。

聖地で鬼のエネルギーを感じてみると、力強さを感じます。

鬼は、金棒を持っている、とてもパワフルな存在で、勝利の神様として古くから祀られ、武将や軍人などの信仰もあつかったようです。

去年の節分に受けたメッセージは、『鬼のエネルギーを受け取り、貴方はどんな花を咲かせますか』でした。

この一年で、鬼のイメージも大きく変わりました。

最近は「鬼滅の刃」の大ヒットで、鬼も人気が出て、多くの人に愛着をもたれるようになりました(^^♪

スポンサーリンク

鬼は悪者扱いされますが、本当の尾には実は人間の味方で、邪悪なものを祓ってくれる力強い存在です。

榊鬼の記事はこちら↓

【とうえい温泉 花まつりの湯】光を生み出す榊鬼の波動に触れて感じたこと

鬼は外と言って、鬼を遠ざけるのではなく、鬼を味方にすることが大切です。

いつの時代からか人間の弱い心が、鬼を怖い存在に変えてしまいました。

悪鬼は邪心であり、その邪心を祓うことで真の鬼が生まれます。

鬼関連の記事はこちら↓

[2018アセンション]節分で「鬼は外、福は内~」は間違っています♪

片埜神社の節分祭、鬼を以て鬼を制す【枚方市牧野】

【鳳来寺と鳳来山東照宮】仙人が悟った鬼と鳳凰に隠された平和を開く鍵

【とうえい温泉 花まつりの湯】光を生み出す榊鬼の波動に触れて感じたこと

4月8日天秤座の満月、コロナウイルスはどうなる?瀬織津姫と鬼が鍵

今は風の時代です。

権力や地位が優位をふるう時代は終わり、風の時代は自由と個性を重視する時代となります。

真の鬼のエネルギーを自分の内側に入れ、強さを身につけ、権力に支配されないようにすることです。

鬼のエネルギーの強さが、権力や地位を呑み込んでいき、時代を大きく変えていくことでしょう。

また真の鬼のエネルギーを取り入れると、自分軸(金棒)で生きるようになっていきます

自分軸がしっかりしてくると、権力に左右されずに、自分の想いを叶えることが出来るようになってきます。

それと不思議なんですが、真の鬼の強いエネルギーを受けると、自信がみなぎって、前向きな気持ちになってきます。

榊鬼のパワーは凄いですね。

今年は取り分け、執着、依存、不安、恐れなど思いを手放すことが大切です。

そういったマイナスの想念を抱えていると、自分の能力も覚醒しません。

鬼のパワーを活かすには、ポジティブな言葉を発することです。

言葉が未来を創ります。

「出来ない」ではなく「出来る」を使いましょう。

「失敗するかもしれない」ではなく「成功する」を使いましょう。

そうやってネガティブな言葉を使ってしまいそうな時に、ポジティブな言葉を使うことによって、あなたの可能性が開いていきます。

今年も、マイナスな想念を手放し、力強く一年を過ごしていきたいですね。

鬼のパワーを使って、新しい時代の風に乗っていきましょう。
スポンサーリンク

 - アセンション

error: Content is protected !!