アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【とうえい温泉 花まつりの湯】光を生み出す榊鬼の波動に触れて感じたこと

   

私たちは、鳳来山を訪れた後、奥三河、東栄町にある、とうえい温泉に行くことにしました。

鳳来山の記事はこちら↓
【鳳来寺と鳳来山東照宮】仙人が悟った鬼と鳳凰に隠された平和を開く鍵

とうえい温泉は、全国でも数少ない『療養泉』として知られています。

療養泉とは、厳しい有効成分の基準をクリアし、医療的治癒効果が大きく期待できる温泉です。

温泉の駐車場に到着すると、巨大な天龍と榊鬼がお出迎えしてくれました。

わあ~ここでもまた鬼の登場です。

昔から奥三河地方に伝わる神事で、「花祭り」という有名な鬼の祭りがあります。

奥三河は、鬼と深い関係のある地です。

花祭りは、吉野、熊野や加賀白山から、奥三河に伝えられたと言われています。

『花祭り』は、悪霊を払い除け、神人和合、五穀豊穣、生まれ清まり、無病息災を祈る祭りです。

毎年11月から3月にかけて開催されています。

花祭りといえば、お釈迦さまがお生まれになった4月8日、春に行われるイメージがありますが、奥三河では、一年で最も寒さの厳しい時期に行われ、 冬の時期だからこそ深い意味があるそうです。

この奥三河の花祭りの象徴である鬼は、榊鬼と呼ばれています。

この榊鬼は、舞で「反閇」という大地を足で踏みつける動きをするのですが、この動きは陰陽道の呪法で、大地の精霊を呼び起こすパワーがあるそうです。

冬となって地中に沈み込んだ精霊たちを、この祭りを行うことによって呼び覚まし復活させる再生の意味があります。

花祭りは、一度生気を失ったものを復活させる考えがあり、生まれ清まったことを、花の清さとし、そこから花まつりと名付けられたようです。

花祭りは、岩戸開きの意味もあるのですね。

とうえい温泉の敷地内には、湯治の宿「健康の館」があります。

こちら宿泊すると、滞在中はとうえい温泉に、何度でも入浴することができます。

湯治の宿「健康の館」の宿泊者はとうえい温泉入浴料無料なんです。

これは、とても嬉しい特典ですよね♪

また温泉の近くには、「奥三河のナイアガラ」と呼ばれる、大千瀬川にかかる大滝もありますので、自然を感じながらゆっくりした時間を過ごせます。

私たちは、宿泊先が決まっていなく、ネットでは満室になっていましたが、電話したら部屋が空いていたので、泊まることにしました。

宿泊料金も、リーズナブルなお値段で、かなりお得です。

【宿泊料金】シングル 4,890円、ツイン 9,200円、トリプル 12,940円

とうえい温泉 無料入浴パス付

私たちも、滞在中は、何回も利用しました(*^^*)

本当にお水がとても綺麗です。

そして、ここにも鬼がいました!

大浴槽(屋内)は、大きな鬼のオブジェがあり、鬼の口からお湯が流れ出ています。

スポンサーリンク

面白いです。

鬼の口からでてくるお水を見ているだけで癒されます。

ここの温泉は、凄い浄化力があります。

鬼のパワー恐るべしです。

おすすめは、朝風呂です。

朝一、温泉に入ると、太陽から光の粒子が舞い降り、温泉のお水がキラキラと光輝いていました。

光り輝くお湯に浸かることで、体が高次元の光に包まれ、大浄化されます

【とうえい温泉 花まつりの湯成分】

泉質:ナトリウム・カルシウム一塩化物泉

成分:ナトリウムイオン・カルシウムイオン・マグネシウムイオン・アウトロチウムイオン・カリウムイオン・バリウムイオン・リチウムイオン・鉄(Ⅱ)イオン・塩素イオン・炭酸水素イオン・フッ素イオンなど・・・

【とうえい温泉入浴効果】
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、関節のこわばり、くじき、慢性消化器病、冷え性、痔、慢性婦人病、慢性皮膚病、やけど、切り傷、疲労回復、健康増進、病後回復、虚弱児童・・・

屋内には大浴槽、リラクゼーションバス、ジェットバス、サウナなどがあり、楽しみながら疲れをリフレッシュできます。

また、野外には野天大浴場、源泉掛け流し風呂、寝湯、陶器風呂、打たせ湯などがあり、色々と満喫できました。

温泉後は、お食事コーナーで、東栄町の名物、手作り味噌の五平餅や「東栄チキン」を使ったメニューなど、食べれます。

たまには、自然に囲まれた療養泉で心も体も癒す時間が大切ですね。♪

最後に、榊鬼のエネルギーに触れ感じたことは、榊鬼は鬼の中でも最も重要とされる鬼で、天と繋がり光を生み出します。

反閇を踏み地球に刺激を与えることで、大地に生命力や活力を吹き込み、自然の恵み、五穀豊穣をもたらすといわれています。

また、刺激を与えることで、命ある全てのものの意識を覚醒させる役目も持っています。

この寒い冬の時期は、榊鬼から、色々な出来事を通して、私たちは学ばされ魂が覚醒されていきます。

コロナウイルスも、私たちを覚醒させるためのお試しかもしれません。

私たち人間は、目の前の出来事を通して、学び振動するから進化するのです。

また衝撃を受ける出来事があるからこそ、私たちは振動し進化します。

衝撃的な出来事を受けて、マイナスに捉えるか、その出来事から何かを学び、光に変えることができるかで、今後は二極化します。

マイナスな出来事が起きても、不平不満を言わずに、それをプラスに変えて、一つ一つ乗り越えていきたいですね。

榊鬼より、再生されどんな花を咲かせるかは、貴方次第です。

光を響かせていきましょう。

そして私たちは、次の日の朝一に、「奥三河のナイアガラ」と呼ばれる、大千瀬川にかかる大滝を見に行きました。

 

続く

PS.東栄町は、星空が美しく「天の川のみえる町」で知られています。是非、一面の美しい星空の別世界を奥三河で感じて見てください。

【とうえい温泉 花まつりの湯】

愛知県北設楽郡東栄町大字下田字花田21
0536-77-0268

スポンサーリンク

 - アセンション, 温泉