アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

岩戸神社の天の磐座(国見岩)と光龍のエネルギー【愛知】

   

前回の記事の続きです。

アラハバキ神が立ち上がる【砥鹿神社 末社 荒羽々気神社】

今回は、本宮山に鎮座する天岩戸神社を紹介します。

本宮山には大小の磐座が点在し、砥鹿神社の神体山として古代より信仰されています。

山全体が神様の鎮まる聖地であり、本宮山(標高789メートル)の頂上付近に砥鹿神社奥宮が鎮座しています。

本宮山には古代祭祀遺跡があり、砥鹿神社の創始は、本宮山より始まったといわれています。

そして、本宮山の最もパワースポットだと思われる国見岩、岩戸神社(奥の院)があります。

私たちは、スカイラインを上り、山頂にある駐車場に車を停めました。

「みちのり」の像は、

701-704年、文武天皇が病になり、夢のお告げにより煙巌山(現鳳来寺山)に住む利修仙人を迎えるため、勅使として草鹿砥公宣卿が下向したが、山中で道に迷ったとき、老翁(砥鹿大明神)が現れ、鳳来山への道を教えてくれたという伝承から、鳳来山のほうを差して教えているそうです。

鳳来山の記事はこちら↓

【鳳来寺と鳳来山東照宮】仙人が悟った鬼と鳳凰に隠された平和を開く鍵

岩戸神社の鳥居を潜り、参道を歩いていると、天に昇るかのような、大地から凄まじいエネルギーが発していました。

渦巻きのようにエネルギーが放出され、ボルテックスパワーを感じます。

天からの光のパワーもすごいです。

体を通して、上下からもエネルギーがグァングァン入ってきます。

道なりに進むと、『国見岩 天の磐座』がありました

天からのレインボーの光が磐座に降り注いでいました。

スポンサーリンク

昔、大己貴命がこの岩山に神霊を留め、ここから国見をし、穂の国を造ったと言われています。

ここは、かなり重要なポイントですね。

この巨大な磐座の下に岩戸神社があります。

男道と女道に分かれていて、どちらからでも岩戸神社には行けるようですが、私たちは足場のよさそうな女道から下へ降りることにしました。

それでも急な斜面で、手すりを持たないと怖いです( ;∀;)

参道を歩いていると、光のパワーが強くて、岩や樹木が黄金色に光輝いています。

そして、やっと岩戸神社に到着しました。

参道を降りていくと、天の磐座の下の方に小さな洞窟があり、岩戸神社として祀られていました。

洞窟の中には、祠があり、私達は洞窟の中に入りお参りしました。

天の磐座にある岩戸神社では光龍のエネルギーを感じました。

光龍は生命力の象徴です。

いつも私たちの傍にいて「できるから大丈夫!!」と励まし続けてくれる存在です。

光龍のエネルギーが大地に燦々と降り注ぐ時は、何か大きな展開が起きる時です。

今、世界は大きく変わろうとしています。

そして、we can do it!ですね。

天の磐座には、天の岩戸を開くエネルギーが封印されています。

そのエネルギーを使って天の岩戸を開く時が来たようです。

天の岩戸開きとは、一人一人の内にある新しい意識を覚醒させることです。

新しい流れを感じた方からトライしてみると良いと思います。

新しい意識を開くには、全体のことを考えることです。

「自分が良ければよい」という私利私欲を捨て、全体が良くあれと強く思うことです。

世界中の多くの人が1つの目的へ向かって進む時に、天の岩戸は開き始めます。

今、世界中で様々な問題が起きていますが、それらを解決する鍵になるのは、心を一つにすることです。

心を一つにするためには、自分に正直に生きることが大切です。

自分に正直に生きるということは、魂の想いに正直に生きるということです。

魂の想いのままに生きていると、自分の中の小宇宙に繋がり、自分と宇宙繋がっていることを思い出します。

多くの人が宇宙との繋がりを思い出した時に、天岩戸が大きく開き、新しい社会が誕生するのだと思います。

これから、新しい時代の岩戸開きが始まります。

関連記事↓

瀬織津姫と光龍のエネルギーの統合が新型コロナウイルスを越えていく!

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り