アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

仁徳天皇稜に隠された秘密、キン肉マンが新しい扉の鍵を握っていた!

      2019/06/18

前回の記事のつづきです。

【犬鳴山】七宝瀧寺と倶利伽羅龍王を訪ねた大阪の旅

大阪泉佐野市の七宝瀧寺では、キン肉マンと七宝瀧寺のコラボイベントが開催されていました。

「キン肉マンと犬鳴山の七宝瀧寺とどういう関係があるの?」と思い、調べて見ました。

泉佐野市のキャラクターは、イヌナキンです。

イヌナキンは、超自然的な力を得るために犬鳴山で修行し、泉佐野市を守っています。

『一生犬鳴(イッショウケンメイ)を愛する イヌナキン!』

なんだかイヌナキンが倶利伽羅龍王に思えてきました(笑)

イヌナキンの服装は、温泉好きで泉州タオルを、常に腰に巻いていて、

弱点は、温泉があると何をおいても入りたくなるそうです。

イヌナキン素敵すぎます(^_-)-☆

市がキャラクターを公募し、選ばれたキャラクターをキン肉マンの漫画家ゆでたまごさんが、リライトしたのがイヌナキンです。

ここで泉佐野市と犬鳴山(イヌナキン)とキン肉マンが繋がります。

さらには、キン肉マンのストーリーの中には、スピリチュアル的なお話が出て来ます。

その一つが仁徳天皇稜についてのお話です。

仁徳天皇稜は、学校の教科書などではお墓とされていますが、違った見解もあります。

キン肉マンの漫画では、お墓ではなくて、地球を活動させたり、停止させたりする鍵穴(スイッチ)だと紹介されています。

漫画にこんなことが書かれているなんて驚きです。

地球の鍵穴・・・ぶっとんだ発想ですが、意外と当たってると思います。

私も、仁徳天皇稜はお墓ではなく、エネルギースポットだと思っていました。

新しい時代を開く鍵穴の役割があるのだと思います。

また、近々仁徳天皇陵は世界遺産になる予定です。

きっと地球上でも重要なところなのでしょう。

七宝瀧寺参拝後、その足で京都に向かう予定でしたが、道中、仁徳天皇陵に寄ってみることにしました。

こういう時程、流れが大切です。

自分の思考は少し横に置き、導かれるままに流れに任せると上手くいきます。

仁徳天皇陵に到着すると夜でした(;'∀')

そのまわりを車で一周した後、仁徳天皇陵の近くの宿泊施設が目に入り、京都まで行かずに、急遽仁徳天皇稜の近くのホテルに泊まることにしました。

仁徳天皇陵のエネルギーを沢山受けることができそうです(笑)

まさか仁徳天皇陵に行くなんて、予定外の流れでしたが、何だか物事がスムーズが進んでいきます。

翌日は仁徳天皇陵の駐車場へ車をとめて、正面から参拝しました。

仁徳天皇陵は、始皇帝陵とクフ王ピラミッドと並ぶ世界三大古墳と言われています。

百舌鳥古墳群の中の1つで全長500メートルの日本最大級の古墳です。

上空から見ると鍵穴(●と▲の統合)の形をしています。

天と地を繋ぐ形だと思います。

天気も良く、古墳周辺を歩いていると凄く気持ちが良かったです。

スポンサーリンク




天皇陵は、一般に中には入れなくて、鳥居を拝む拝所が設けられているので、そこから参拝しました。

とても清々しいエネルギーですね。

仁徳天皇陵の隣で過ごした夜、色々な気付きがありました。

まず浮かんだのが、石器時代の使うような器と鍵の形をした鉄製のものです。

「器」は生活を表し、「鍵」は新しい時代の幕開けを意味していると思いました。

いよいよ、新しい時代が本格的に開くのでしょうか?

皆さんは、新しい時代に何を期待しますか?

私は「宇宙(自然)と調和した生活」です。

自然と調和した生活の大切さは今までも言われてきましたが、新しい時代では、さらに広く「宇宙と調和した生活」として考えてみることが大切だと思います。

具体的には神様(目に見えない存在)や宇宙エネルギーを感じて現実を生きることだと思います。

今までの時代は、神を軽く見て、物質欲や損得勘定で生きる人か、逆に神様を意識しすぎて現実を疎かにしている人、また神のエネルギーを利用してビジネス、金儲けをしている人が多かったと思います。

宇宙と調和した新しい時代が始まると、こうした人が減り、神、宇宙を意識しながら現実を大切にして生きる人が増えて来ると思います。

話は戻りますが、仁徳天皇稜は、そういった新しい世界を動かすエネルギーが溢れだすスポットのようですが、まだその扉には鍵がかかっているようです。

その扉を開けるには、一人一人が自分の心扉にかかってる鍵を開けることだと思います。

もし仁徳天皇稜を訪れたり、仁徳天皇のことが気になったら宇宙と調和した生活の事を考えて見てください。

そして、何かインスピレーションが降りてきたら、そのインスピレーションにしたがって行動してみましょう。

そうやって宇宙との調和を一人一人が考えることにより、新しい時代が本格的に動き出すのだと思います。

最後に、犬鳴山の倶利伽羅龍王から堺市の仁徳天皇稜に導かれたことについて考えてみました。

どちらも、人類が覚醒し新しい時代へ導くエネルギーに満ちていたと思います。

倶利伽羅龍王のエネルギーは、クンダリーニのエネルギーで、人間の生命の根本のエネルギーです。

仁徳天皇稜のエネルギーは、人間の心の扉を開くエネルギーです。

新しい意識の覚醒に繋がっていきます。

この二つのエネルギーが開くと相乗効果で過去の古い価値観や個々のカルマが解消され、急速に時代が移り変わっていくのだと思います。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り