アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

銀紛が舞い降りた天白磐座遺跡と渭伊神社、アラハバキ神と繋がる聖地巡り

      2020/02/19

先日、天白磐座遺跡渭伊神社を参拝してきました。

天白磐座遺跡(てんぱくいわくらいせき)は、古墳時代から続いた、水霊を祀る巨石信仰の遺跡です。

数年前から、天白磐座遺跡から瀬織津姫さまを感じていたので、いつか行きたいな~と思っていました。

このタイミングで訪れることができるのも、何か意味がありそうです。

ワクワクしながら、天白磐座遺跡に向かっていると、大きな『いちご大福』の看板が目に入りました。

いちご大福のエネルギーに惹かれ、ちょっと気になったので寄ってみることにしました( *´艸`)

こちらのお店は、浜松の老舗の和菓子店で、明治から130年間手作りにこだわっておられる有名なお店です。

お店の一角に食べられるスペースがあり、お店で『いちご大福』をいただくことにしました。

お茶もセルフでいただけます。

『こぎく』のいちご大福は、静岡産の章姫のイチゴがまるまる1粒入っていて、黒餡と白い羽二重で包んでいます。

まるで、いちご大福は陰陽統合の女神のようですね(笑)

甘さも控えめで、美味しかったです(^^♪

いちご大福をいただき、目的の天白磐座遺跡へ向かいました。

スポンサーリンク


天白磐座遺跡は、住宅地のすぐ隣にありました。

ちょっと驚きでした。

住宅地から遺跡群へはいると、薬師山とも呼ばれる丘の頂きには、巨大な岩がいくつも横たわっています。

そして薬師山を囲むように、神聖な神宮寺川が流れています。

天白磐座遺跡は浜松のパワースポットであり、井伊家にゆかりのある聖地です。

井伊家の氏神さまが祀られた「渭伊神社」の背後に薬師山「天白磐座遺跡」があります。

また、天白磐座遺跡は大河ドラマ『おんな城主直虎』のロケ地となり、有名になりました。

私たちは、先ず渭伊神社本殿をお参りしました。

ご祭神は玉依姫命、品陀和氣命、 息長足姫命です。

本殿の近くの天生杉が御神木です。

古い御神木が新しい御神木に寄りかかっている姿が珍しいですね。

何となしに不思議な雰囲気の漂う神社です。

古い時代から新しい時代への移り変わりを意味しているのでしょうか?

新しい御神木に意識をフォーカスしてみました。

すると「天生杉」の名前とシンクロして、天(宇宙)と繋がった新しい時代の幕開けを感じました。

世の中には、天の想い、地の想い、人の想いの3つがあると考えています。

天の想いとは宇宙全体の想いです。神様や高次元の想いと考えても良いですね。

地の想いとは、地球の想いです。山々や海や川などの大自然の想いです。

そして、人の想いとは、平和を望む私たち人間の想いです。

天生杉に意識を合わせると、「この3つの想いを大切にし1つにしなさい。」というメッセージを受けました。

きっと3つの想いを合わせると、桃源郷が生まれるのでしょう。

その姿が暮らし安い平和な世界なのでしょう。

そんなことを感じながら、境内を散策し、本殿横の神社御祭神鎮座図の看板を見てみると、モロード様という神の名前が書いてありました。

ネットで『モロード様』で検索してみると、モロード様とは『客人神(まろうどかみ)』のことで、アラハバキ神だとわかりました。

氷川神社につづき、またきました( ゚Д゚) アキハバキ神!

氷川神社の記事はこちら↓

【大宮氷川神社】蛇の池と隠された鬼神『アラハバキ』のエネルギー

【埼玉県】中山神社、アラハバキ神と原住民の想いを探る!

実は、今回の旅の一番の目的は、愛知県三河の一ノ宮、砥鹿神社奥宮にあるアラハバキ神社でした。

三河に行くなら、浜松も近いので、ついでに前から気になっていた天白磐座遺跡にも行ってみようと、今回参拝する流れとなりました。

まさか、渭伊神社にアラハバキ神が祀られているなんて驚きでした。

だから、このタイミングで天白磐座遺跡、渭伊神社にお参りできたのかもしれません。

そして、渭伊神社の本殿背後にある、天白磐座遺跡へ行ってみました。

薬師山には巨石を中心に、小さな岩もゴロゴロあります。

この辺りは、縄文時代のエネルギーがそのまま残っていますね。

ここは天と繋がるゲート。

巨石周辺では、いくつもの土器の破片や鉄鉾、勾玉、和鏡などが発見され、古代は祭祀場だったことがわかっています。

天からの光のエネルギーがビュンビュン、磐座に降りていました。

薬師山の樹木も、大地にしっかり根をはり、天にも届きそうな縦のエネルギーを発しています。

薬師山全体が清々しいレインボーエナジーに満ち溢れています。

風が少しきつく、光が揺れ動いていて、不思議な異空間。

天神のパワーがこの磐座群に集まっています。

小さな祠の前で、手を合わせていると、なんだか涙がでてきました。

ここは、魂的に関係のある場所なのかもしれません。

巨大な磐座に背中を合わせ、チューニングしてみました。

すると天に引っ張られる感覚があり、私の唇に大きな銀粉がついていました。

ここは銀粉が舞い降りる場所??

もしかして私の体から出てきたの?

それにしてはデカイです(笑)

不思議です。

私たちは、天白磐座遺跡をお参りし、神宮寺川の方に降りてみました。

神宮寺川は、澄んだ波動で、瀬織津姫のエネルギーを感じました。

天白磐座遺跡は、流れのなかで寄った神社ですが、想定以上に素晴らしい波動でした。

また機会があれば、是非寄ってみたいパワースポットです。

お昼は、せっかく浜松にきたので『鰻いしかわ』のうな重をいただきました。

皮はパリパリで、身はふわふわの肉厚な鰻で美味しかったです。

【天白磐座遺跡】

住所:〒431-2212  静岡県浜松市北区引佐町井伊谷

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り