アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

明月院【あじさい寺】で紫陽花と月の世界(兎と天女)を楽しみました♪

   

前回の記事の続きです。

【鎌倉】十二所神社、新しき人の時代が始まる。数字12の神秘とは?

鎌倉の朝比奈切通ハイキングコース【魔界からの侵入を防ぐ熊野神社】

『俱利カフェ』と鎌倉彫の器、俱利伽羅龍王と繋がった鎌倉の旅

五月下旬に北鎌倉にある明月院へ行ってきました。

明月院は紫陽花の名所として知られていて、『あじさい寺』ともいわれています。

ご本尊は、聖観世音菩薩さまです。

この日、鎌倉の十二所神社では拝殿のウサギの彫刻や、ランチで行った『俱利』というお店ではウサギの鎌倉彫と出会いました。

そして、ここ明月院も、月の使者であるウサギさんが沢山います。

昔から、お月さまにはウサギがいる言われています。

お月様とウサギは密接な関係がありますね。

明月院は、月のエネルギーととても関係してるお寺だと思います。

5月は拝観時間が16時までだった為、時間的に難しいかと思いましたが、タクシーの運転手の方のおかげで、渋滞も潜り抜け何とか間に合いました。

到着し、拝観口を通り中に入ってみると、紫陽花の時期には少し早く、まだ咲き始めでした。



しかし、寺院内は「紫陽花の咲き始め」ということで、土曜日でしたが比較的空いていて、ゆっくりと拝観出来ました。

咲いている紫陽花は少なかったですが、人もそんなに多くなく綺麗な紫陽花をしっかり楽しめましたよ。

見頃の6月だと、紫陽花も見にこられる方が多く混みあうようです。

入って左手には『月の広場』があります。




色んな種類の植物やお花が咲いていました。

その中にのウサギさん(オブジェ)が何匹いらっしゃいます。

さらに奥に進むと、生きたウサギが飼われているウサギ共和国『宇宙ステーション』がありました。

残念ながら、私たちが訪れた時は、時間が遅く『本日終了』の看板がでていて、ウサギさんはいなかったです。

[うさぎのオブジェ]

そして何故かウサギの宇宙ステーションに熊野神社の絵馬がありました。

月、うさぎ、熊野神社は何か関係がありそうですね。

宇宙ステーションにはキャプテン(船長)のネロとパイロットのユズの2匹のウサギがいます。

ネロとユズが、月まで連れて行ってくれるようです(笑)

宇宙ステーションのネロとユズ号の発射は満月の夜です。

発射してしまったのか、私たちは残念ながらお会いすることはできませんでした。

札のないウサギさんは他の星に行っているようです。

とても宇宙的で面白い不思議なお寺ですね。

 

明月院の境内の中にある茶屋『月笑軒』でも、置物やコーヒースプーンなどでウサギさんが使われていますし、売店には『あなたの体も小宇宙』と書かれた宇宙守りが売っています。

仏教の世界では、私たちの体は宇宙と同じだと言われています。太陽や月、地球が大宇宙であれば、人の体、心は小宇宇宙なのです。

こういった宇宙観は、とても素敵ですね。

スポンサーリンク

明月院は宇宙、月ワールドが満載なので、紫陽花以外でも色々楽しめます。

 

そして更に上がり、有名な表参道の両脇には、紫陽花がいっぱい咲いています・・・・

私達が訪れた時は、まだ咲き始めだったので、6月ころには沢山咲いていると思います(笑)


探してみると、綺麗に咲いている紫陽花を見つけることができました。
紫陽花探しも楽しいものです♪

 

あじさいの石段を登りきり、本堂(方丈)に到着しお参りしました。

本堂の大棟の屋根には美しい天女が二人舞っています。

また本堂の前には枯山水があり、ここは仏教で世界の中心にある山、須弥山を表わしているようです。

そして本堂右側に、有名な明月を表わしている丸窓があります。

ここから丸窓を眺めていると、妙に心が落ち着きます。

この丸窓は、自分の心を映し出していて「悟りの窓」とも言われています。

また丸窓から奥庭園を望むことができます。

仏教では、円は空、風、火、地などの世界全体、宇宙などを表し、欠けがない、円満、完全、という意味があります。

まさに浄化、循環しているということです。

有名な丸窓は、紫陽花や紅葉の季節には、写真を撮るのに混みあい行列ができているそうです。

私達は、運よく並ばずにゆっくりと丸窓を眺めることができました。

丸窓の奥に見えているのは月の世界です。

月と繋がる、不思議な感覚がありました。

紅葉の時期だと、この丸窓のなかに奥庭の紅葉が入り、また違った美しい丸窓が楽しめるそうです。

紅葉の時期に訪れるのもいいですね。

丸窓からは時期によって季節の情緒が味わえるので、季節を変えて何度も訪れたいお寺です。

 

また明月院はとても美しい青色の『姫あじさい』が有名です。

この姫あじさいは、透明度のある青色が魅力的で『明月院ブルー』ともいわれています。

私達も、何とか美しい青色の『姫あじさい』を見ることができました。

境内には、約2500株の紫陽花があり、その9割が日本古来の品種、姫あじさいだそうです。

美しい紫陽花は本当に幻想的ですよね。

神秘性を感じるお花です。

紫陽花の花言葉をご存知ですか?

青い紫陽花の花言葉は、冷淡、無情、辛抱強い愛情などです。

ピンクの紫陽花の花言葉は、元気な女性、強い愛情などです。

白い紫陽花の花言葉は寛容です。

私が好きなのは白の紫陽花です。

そして、白い紫陽花を鑑賞している時、「寛容」と花言葉を思い出します。

社会には色々な考えの人がいます。その中で調和して生きて行くには、お互いの違いを認め合う寛容さが大切だと思います。

まったく考えの違う人を見て「そういう見方もあるんだ」と思ってみると、ムカッとした時の怒りも和らぎます。

ただ、あくまでもお互いの違いを認めるだけで、相手に合わせるのとは違います。

自分軸を持ちならが、相手の存在を認めることです。

それが出来ると、滞っているものが流れ出すのを感じます。

素晴らしい紫陽花の鑑賞をして、次に明月院の竹林へ行きました。

竹林へ行くと、ガラッと波動(磁場)が変わりました。

竹林には、『福源山』と記載された瓦が置かれていました。

こんなところに天女さんがいらっしゃいます。

笛を吹いている羽衣天女さんです。

空へ伸びている竹を見ていると、宇宙、月から竹を通してエネルギーが降りているのを感じました。

ここの竹林は宇宙と繋がる場所ですね。

しばらく、ここでもお月様と繋がってみました。

明月院の境内には、月の世界のウサギさんと天女さんが沢山いらっしゃいます。

境内を散策しながら、ウサギさん、天女さん探しをしてみるのも楽しいですね。

この日一日、私たちは、月の使者うさぎさんに導かれた旅だったようにも思います。

ご縁を頂きありがとうございました。

明月院

住所:神奈川県鎌倉市山之内189

TEL:0467-24-343

拝観料:300円。6月は500円。【6月と紅葉の時期は庭園特別拝観あり※別途500円必要】

拝観時間9:00~16:00(6月は8:30~17:00)

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り