アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【犬鳴山】七宝瀧寺と倶利伽羅龍王を訪ねた大阪の旅

      2019/06/16

 

大阪の泉佐野市の日本最古の霊場といわれる犬鳴山へ行って来ました。

犬鳴山の渓谷には7つの滝があります。

<犬鳴山の全体図>

犬鳴山には七宝滝寺があり、ご本尊は役行者の自作による倶利伽羅不動明王(秘仏)です。

前回、鎌倉へ聖地巡りへ行き、「倶利」というキーワードが降りて来ました。そこから、倶利伽羅龍王へつながりました。

その時の鎌倉の旅の記事です↓

『俱利カフェ』と鎌倉彫の器、俱利伽羅龍王と繋がった鎌倉の旅

倶利伽羅龍王は、龍が剣に巻きつき、これを呑み込もうとしています。不動明王の変化神の一つです。

犬鳴山に到着すると、お昼近くになったので、先ずは、カフェテラス『空』でランチをすることにしました。


ネットで調べてみると、地鶏が美味しいと評判のお店です。

季節のオススメの料理の中から、地鶏のメニューを適当に頼みました。


地鶏のしゃぶしゃぶです。

感謝しながら美味しくいただきました。

とても個性的なお店ですね。

窓際に座ると、渓流や森林をながめながらお食事で来ます。

そして、食後にトイレに行ってビックリしたことがあります。

トイレに飾ってあったカレンダーの6月の写真が徳島の鳴門海峡の渦でした。

先月、鳴門海峡に行ったばかりですし、前回の鎌倉の旅では、渦の柄の倶利彫りに出会いましたし、犬鳴山の旅でも、いきなり倶利(渦)を目にしました。

そのカレンダーを見て、倶利伽羅龍王の導きを強く感じました。

徳島からきている渦と倶利伽羅龍王・・・何か意味がありそうです。

カフェテラス空を出て、車で舗装された山道を登ると、犬鳴山七宝瀧寺がありました。

私達は駐車場に車をとめて、境内に入りました。

境内に入ると、いきなり迫力のある倶利伽羅大日大聖不動明王像が目に飛び込んできました。

背後に赤い炎があり、剣を持った姿に迫力を感じました。

この不動明王は、右腕に持つ倶利伽羅剣のように、一本筋が通っていて、曲がった事やものは許さないという波動を感じました。

そして、参道の坂道を上がっていくと、空海自作の厄除け十一面観音菩薩像が祀ってある十一面観音堂があり、

更に横には宇賀耶白長弁財天が祀られていました。

近寄ってみてみると、弁財天像の所に金剛衣服天織姫も祀られていました。

この中でも、特に金剛衣服天織姫さまを強い縁を感じました。

まさか犬鳴山が織姫と関係があるなんて驚きました。

後で、調べてみると役行者がこの犬鳴山を開山しましたが、入滝修行し祈念された時に一番最初に出現されたのが弁財天女だったようです。

しかし当時の世相救済の悪魔降状の御本尊としては相応しくないため辞退され、三回目に出現されたのが大聖不動明王でした。

天仏に感謝の祈りを捧げると、空がにわかに曇り天地破裂するばかりの大音響とともに、大聖不動明王の姿が消え剣に黒龍をまとった倶利伽羅龍王が現れたそうです。

やはり倶利伽羅龍王は、悪魔降状の世直しの黒龍さまなのでしょう。

そして織姫と倶利伽羅龍王(剣)はなにか関係がありそうです。

私達は織姫の石像の前に立ち、合掌すると、いきなりバキッという音がして、凄いエルギーが降りてきました。

おでこの辺りがムズムズしてきてサードアイが開き、織姫さまのエネルギーが入ってきました。

不思議な体験をし、更に参道を登りました。

本堂に向かう途中、癌除けお岩龍王や、志津の涙水(湧水)、身代わり不動明王像、熊野神社,陰陽滝、十二支守り本尊像などがあります。見どころ満載です。


[迫力のある身代わり不動明王像]


[熊野神社]
[志津の涙水(湧水)]


[陰陽滝]

[十二支守り本尊像]

参道をあるいていると川の流れる水の音と鳥のさえずりに癒されます。

先程、お寺に着いた時に『倶利伽羅龍王の本体は境内の奥にある』とメッセージを受けていたので、導きのまま足を運びました。

少し歩くと目の前に、岩をご神体とする『倶利伽羅龍王』と遭遇しました。

スポンサーリンク

倶利伽羅龍王の前で、祝詞をあげました。

倶利伽羅龍王は、邪心などのあらゆる煩悩を燃やし、剣に象徴する権力までも呑み込むパワーを持っています。

すなわち、全ての闇を光に変える浄化パワーを持った神様だということがよくわかりました。

本堂をお参りし、最後に奥にある役者の滝に向かいました。

ここは、全国から『霊力ある御滝』として滝修行が行われている場所です。

もちろん、役行者や空海などもこの滝で修行されています。

本当にド迫力の滝のある滝ですね。

このすざましいエネルギーが、倶利伽羅龍王のエネルギーなのかもしれません。

全てのものを飲み込んでしまうような強烈な波動です。滝を見ているだけでも禊がれます。

動画からエネルギーを受け取ってみてくださいね。

お天気が良いと、虹が見れるかな~と思いましたが

残念ながら、あいにくの曇り空で、太陽さんは顔を出してはくれませんでした(*_*;

倶利伽羅龍王は黒龍さんなので、曇り空はしかたないのかもしれませんね。

と諦めて、駐車場に向かい帰ろうとしたら、背後から光が射し、川のお水がキラキラ輝きだしました。


そして天と地を繋ぐ強烈な光が降り注ぎ、帰りの山道は光の道となりました。


行きにみた景色とはガラッと変わり、やはり倶利伽羅龍王は闇を光に変える浄化パワーを持った神様だと実感しました。

帰りの陰陽の滝では、二つの滝の水が流れ落ちて交わるところに光の虹がでていて感動してしまいました。

これから本格的に陰陽統合の世界が始まっていくのだ思います。

途中、身代わり倶利伽羅不動明王像も、弁財天女像も帰りには、天の光に照らされ光に包まれていました。


今回の旅は、とにかく犬鳴山、倶利伽羅龍王の強いパワーに圧倒されました。

古来の多彩な自然がそのまま残っていて、とてもパワフルな生命エネルギーを感じ、心身ともに癒されました。

帰りに、私たちは犬鳴山の麓にある犬鳴山温泉、不動口館に寄りました。

犬鳴山温泉 不動口館

犬鳴山温泉は、犬鳴山に湧出する天然温泉(秘湯)です。

泉質も良く、お肌もツルツルになります。

犬鳴山のキラキラ輝く新緑、渓流を眺めながらの温泉で本当にリフレッシュできました。



温泉後、ゆっくり寛いでいたら、一枚の紙が目に入りました。

そこには、なんと犬鳴山が命乞いの倶利伽羅大龍不動明王が日本最初にご出現された場所だと書かれていました。

また命乞いの倶利伽羅龍王とも?

剣が背骨で、剣に渦巻き上昇する龍エネルギーは、まさにクンダリーニ、生命エネルギーです。

倶利伽羅龍王は闇のエネルギーを高次元のエネルギーへ火で燃やしながら昇華させる力があるのでしょう。

生命の神でもある瀬織津姫さまとも繋がりますね。

そして私たちは、犬鳴山を後にし、七宝瀧寺の本堂で出会ったキン肉マンに、予定外の聖地へ導かれました。

不思議なことに、その聖地も鎌倉の旅と繋がる場所だったのです。

キン肉マンに導かれた聖地とは?

つづく

犬鳴山 七宝瀧寺

住所:大阪府和泉佐野市大木8

電話番号:0724-59-7101

本尊:倶利伽羅不動明王

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り

error: Content is protected !!