アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

岩屋山志明院、鴨川で感じた破壊と創造の仕組み

      2019/10/12

前回の記事の続きです。

志明院(金光峯寺)、飛龍の滝で感じた創造の世界へ大きく飛躍するエネルギー

志明院の山門の辺りから、神秘的なエネルギーを感じました。

境内の中に入って行くと、全体に破壊と創造のエネルギーが広がっていました。

古いものを壊し、新しいものを生み出していくエネルギーです。

特に強いエネルギーを感じたのが、洞窟と飛龍の滝と神降窟の3箇所です。

洞窟では破壊のエネルギーを受けました。飛龍の滝では、飛龍大権現の社から一筋の滝が流れ落ちています。

私のなかで、封印されたと伝えられている龍神が飛び立ち、創造のエネルギーを放ち、奥の神降窟で一滴一滴の水として再生されている様子が浮かびました。

一番奥の、『神降窟』からの霊水には、鴨川の水の神が宿っています。

そして、また目に入ったのが社の前に黄色と黒色の蜘蛛です。

こちらで手を合わせてお参りしていると、社の裏からポトッ、ポトッという水滴が落ちる音が聞こえました。

この岩肌から滴る水は、鴨川の最初の一滴です。私たちは、水滴が落ちる音を暫く、静かに聴いていました。

この水滴のリズムが、妙に心地よく、宇宙と繋がる感覚がありました。

水は宇宙の根源、生命の源です

まさに、この水滴は命の水であり、この水により生命が誕生し、私たちは生かされています。

水がないと生命は維持できません。

ここにいると、水の大切さが伝わってきます。

私には、滝が創り出す光の世界と、破壊と創造のエネルギーが混在し、別世界(弥勒の世)にいるように感じました。

スポンサーリンク


「破壊と創造」というと、凄まじいことを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうね。

しかし、小さな破壊と再生は日常に起きていて、私たちの生活を取り巻いています。

最近、私の仕事先で業務の進め方が大きく変わりました。

古いやり方を改めて、新しいやり方を取り入れました。

これも破壊と創造です。

その他、

転職と就職、

恋愛の別れと出会い、

離婚と結婚、

引越し、

死と誕生、

など全てが破壊と再生のエネルギーに影響されています。

また、「電子レンジが壊れっちゃた〜。新しく買い換えるわ!」というのもそうですね。

三次元の地球の中では(現実の中では)、命あるもの、形あるものは、創造→破壊→創造を繰り返しています。

そして、創造→破壊→創造と切り替わるポイントを「転換期」と言います。

転換期というのは、誰にでも訪れます。

転換期が来たら、どうすれば良いのかというと、慌てないことです。

不動の精神が大切です!これも志明院で受けたメッセージです。

慌てれば深みにハマります。

冷静な自分を保っていれば、次の波が見えて来て、ヒョイヒョイと飛び乗れます。

また志明院も、他の寺院でもそうですが、滝があると近くに不動明王様が祀られています。

これは「荒波が来ている時こそ、不動の精神を重んじなさい!」という教えだと思います。

特に今は激動の時代です。

今までになかったことが平気で起こります。

だから、不動の精神を養っておくことですね。

スポンサーリンク

一通り志明院の境内を散策し、受付まで戻るとオニヤンマが私たちの周りをグルグル回り飛んでいました。

最後にお見送りしてくれたのでしょうか。

厳島神社(天津石門別稚姫神社)

志明院参拝の後、近くにある厳島神社(天津石門別稚姫神社)に寄りました。

ご祭神は、天津石門別稚姫命(川上、産土神)です。

天津石門別稚姫は女神なので、弁財天信仰が生じ、今のご祭神は、石門別弁財天、雲ヶ畑弁財天となっています。

本殿の山側を少し上った所に5メートルの巨岩が15メートルくらいの間隔で並んでいて、天津石門別稚姫命さまが降臨された石門があるそうです。

水のエネルギーが強いのか、境内で写真を撮るとレインボーのエネルギーが写りました。

そして、天津石門別稚姫神社を参拝して、私たちは京都市内へ足を向けました。

京都三条にある宇治の老舗茶舗「京はやしや」の抹茶パフェを食べることにしました。

「京はやしや」さんは、初めて抹茶を使用したパフェを開発しました。

元祖「抹茶パフェ」を誕生させたお店です。

こちらのお店では、抹茶のメニューが豊富で、上質なお茶を使用した美味しい抹茶スイーツを頂くことができます。

私達は、窓側の席から、鴨川を眺め、元祖抹茶パフェを楽しみました。

先ほどの志明院の神降窟の最初の一滴が、この鴨川まで流れているのですね。

そんなことを思いながら、抹茶パフェを頂きました。

なんとなく抹茶スイーツが食べたくなり、『はやしや』さんに行くことにしましたが、またこのお店から偶然鴨川を見ることができるなんて、鴨川の神様に導いてもらったような気がしました。

その日一日は、グルメも含めて不思議と鴨川のご神業となりました。

最近は聖地巡りとグルメがセットです(*^^*)

以前はひたすら聖地をお参りしていましたが、ゆとりが大切だと気付き、最近は流れに合わせた聖地巡りしています。

【京はやしや】

住所:京都府京都市中京区三条通河原町東入る中島町105 タカセビル6F

営業時間:11:30~21:30 (ラストオーダー21:00)
定休日:無休
電話:075-231-3198
交通アクセス:京阪/三条駅6番出口より徒歩3分

まとめ

鴨川のご神業は、創造がテーマでした。

最初の一滴の水が、大きな川の流れになった景色をみて、色々と考えさせられました。

どんな大きなことも、小さな一つから始まります。

その小さな一つから、創造を広げて大きなものへと変化していきます。

私達は、ついつい大きな夢を描いてしまい最初の一滴を疎かにしすぎですが、最初の一滴こそ心願成就の神の叡智が隠されているのだと気づきました。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り