アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

青木ヶ原樹海&竜宮洞穴【セの海】に隠された富士王朝の謎

      2019/02/05

前回の記事の続きです。

人穴浅間神社と溶岩洞穴【富士王朝の龍神を蘇らせる旅】

陰陽エネルギーを使えば望みは叶う?【精進湖&ことぶきレストラン】

精進湖を出て、青木ヶ原樹海へ向かいました。

先ずは、竜宮洞穴へお参りする予定でいました。

ネットで調べてみると、竜宮洞穴に入る、道の所にバス停があると書いていました。

ところが、私たちはそのバス停が見つからずに車で通りすぎてしまいました。

そして到着したのが、西湖コウモリ穴です。コウモリ穴も気になっていたので、先に寄ることにしました。

すると受付は閉まっていて冬季閉鎖中でした。

どうやら冬の間は、コウモリが冬眠しているので洞穴はお休みのようです(笑)

私達は、どうしょうかと思い、うろうろしていると、案内所があったので竜宮洞穴の行き方を聞いてみることにしました。

その時に樹海ネイチャーガイドツアーのことを知りました。

専門のガイドさんが樹海を一時間程かけて案内してくれるそうです。

しかも、料金は一人500円です。安いですね。

ちょうど13時の案内時間の時に受付の所にいたので、竜宮洞穴は後に行くことにして、13時からの樹海ガイドツアーに申し込むことにしました。

そして、待ち時間なくツアーは始まり、私達二人はガイドさんの案内で樹海の中へ入っていきました。

樹海の中では、富士山の噴火のことや樹海が出来たことや植物のことなど、色々な話を聞かせてもらいました。

ガイドさんの話では、樹海の植物には陽樹と陰樹があるそうです。

字からわかるように、陽樹は日の当たる場所に育ち、陰樹は日の当たらない場所に育ちます。

富士の樹海は、周りが赤松などの陽樹に囲まれていて、樹海の中には、檜やゴヨウマツなどの陰樹が育っています。

まさに陰陽のバランスが整った場所です。

樹海に広がる宇宙の神秘を感じました。

樹海に方位磁石を持っていくと、磁石が機能しません。

溶岩が冷えて固まる際に、溶岩自体が磁気をもつので方位磁石がきかなくなります。

まさに特殊な地場なので、浄化作用もあり、生命力を高めるパワーを秘めた場所だと感じました。

リスのテーブルにまつぼっくりが置いてあり可愛いです。

私は、初めての樹海でしたが、一般的な森とは違い独特の雰囲気を感じました。

樹海というと、『一度入れば戻れない』という、どうしても怖いイメージがありましたが、とても神秘的な森で

溶岩の強大なパワーを感じました。


ガイドさんのお話の中で一番興味深かったのは、1000年前に起きた富士山の噴火のことです。

もともと青木ヶ原樹海の場所には、大きな湖があり、その噴火により湖に溶岩が流れ込み、今の樹海が出来たそうです。

その噴火で湖が3つに分かれてしまい、それが今ある精進湖と西湖と本栖湖です。

その話を聞いたときに、インスピレーションが降りてきました。

少し、私の推測が入りますが、私が感じた事を話します。

スポンサーリンク

昔、富士山の麓には、大きな湖があり、そこに大きな龍神と女神が宿っており、湖畔の回りには部落の人々が暮らしていました。

樹海の所にあった大きな湖は、セの海と呼ばれていて富士王朝のシンボルだったようです。

富士王朝の人々は、山の神からの贈り物である山の幸、湖の魚をとるなどして、更には富士山の波動を受けて生活していました。

つまり、この辺りに富士王朝が広がっていました。

しかし、富士山の噴火でこの辺り一帯が溶岩で覆われてしまいました。

いったい、これは何を意味しているのでしょうか?

富士山の噴火は神の怒り?

なぜ、富士王朝が溶岩の下に?

その鍵を握っているのが、この湖に宿っていた龍神と女神だと思います。

私たちは龍神と女神の波動を受けて来ました。これから色々と謎が解けていきそうです。

富士王朝の龍神と女神は高次元に存在しますが、そのゲートとなっているのがセのうみ神社であり竜宮洞窟です。

富士王朝の隠された謎を解く鍵を握っていますね。

竜宮洞穴へ行く前に、このガイドさんのお話を聞くことも必然で、すべて神仕組みだったのかもしれません。

だから本栖湖→精進湖→西湖→樹海→竜宮洞穴の順番に回ることになったのだと思います。

この後に行く、竜宮洞穴にセの海の龍神様と女神様が祀られています。

そして、私達は竜宮洞穴へ向かいました。向かう道中また雨が降り出してきました。

竜宮洞穴に着くまでに雨やんでくれないかな~と思っていたのですが、よく考えてみると、竜宮洞穴は古代から雨乞いの儀式をしていた場所です。せの海の龍神さまは雨を降らせる力をもっていらっしゃいます。

だとしたら、この雨は竜宮洞穴の龍神さまの歓迎だと思いました。

神様の歓迎の雨であれば、傘を差さずに雨に濡れるほうがいいそうですよ。




小雨の中、竜宮洞穴に到着し、洞穴の中に入り、セの海の龍神さまにご挨拶しました。


そして、この土地をいつも守って下さっていることに感謝を述べました。

ここも地中から、すごいエネルギーが湧き出ています。霊気でしょうか?

この場所は富士の地中の女神を感じました。

ちょうど私たちが祝詞を上げた後に、中学生の団体さまが来ました(笑)

すると不思議なことに、さっきまで降っていたはずの雨がやみ、洞穴に太陽の光が射してきたのです。

浄化された後の光は、本当に神々しく感動してしまいました。

そして私たちは、樹海の下に眠る富士王朝の巨大なエネルギーを感じながら、次の聖地へ向かいました

つづく

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り