アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

徳島の剣山に隠された秘宝とは?剣に秘められた『統合』の学び【四国巡礼】

      2019/05/19

前回の記事の続きです。

鳴門海峡の世界最大級の渦潮パワー&神秘を体感 181【感動の渦潮クルーズ】

鳴門の渦潮クルーズの翌日、徳島県の最高峰の剣山へ行って来ました。

剣山は標高1,955mの山岳信仰の山です。

剣山は、昔は立石山と言われていましたが、安徳天皇が宝剣を奉納したことで剣山と呼ばれているそうです。

また謎が多く、イスラエルのソロモン王の秘宝【三種の神器】が眠る場所ともいわれています。

以前から剣山は気になっていましたが、今回やっとご縁ができました。

剣山へは、徳島自動車道美馬ICから車でアクセスしました。

ICを降りてしばらくすると山道へ入ります。

カーブも多く、車1台しか通れない狭い道もありました。

その山道をひたすら1時間以上走ります。かなり大変でした(;'∀')

車で、剣山にアクセスする方は、覚悟して行ってくださいね。

登山より、登山口までの車の運転の方がハードかもしれません(笑)

剣山に到着し、見ノ越からリフトに乗って出発です。リフトは大人片道1080円です。

下山は歩く予定だったので、片道のみの切符を買いました。

 

リフトを降りて、尾根道コースを歩きました。少し登ると安徳天皇が剣を掛けたという刀掛の松があり、そこから頂上まで3ルートに分かれます。

お天気はあいにくの曇り空です。

左側が古劔神社、三十五社を経由するルートです。真ん中が尾根道コースです。右側は大劔神社を経由するルートです。

私たちはまず左側のルートへ行き、古剣神社と三十五社を参拝しました。

途中、崖が崩れているような箇所があり、急な斜面ありで、少し怖かったです。

足元も悪く、滑って転んでいる方もおられました。

行場のコースは、他のコースと比べてかなり厳しい山道です。

三十五社の前では祝詞をあげました。イザナギさまとイザナミさまの子、35柱の神を祀った場所なので、強いエネルギーを感じました。

古剣神社では、ずっと曇り空でしたが参拝すると、太陽が出てきてくれて、メッセージが降りて来ました。



「古い考えを手放しなさい。古い考えを持ったままだと新しい時代に馴染めません。新しい時代は、陰陽のエネルギーを使うことです。陰陽のエネルギーには、対立するものを統一する力が秘められています。」というメッセージを頂きました。

その後、分岐点へ戻り、大劔神社のルートで山頂を目指すことにしました。

途中、大劔神社があり参拝しました。

大剣神社は、『天地一切の悪縁を断ち、現世最高の良縁を結ぶ』ご利益があるそうです。

さらに、大劔神社を少し降りたところでご神水をくみました。
この御神水が凄いのです。大剣神社の御神体の磐座の下から湧き出る御神水。

剣の波動入りのお水なのです。

スポンサーリンク

昔から、病気を癒す、若返りのお水とも言われています。

御神水を求めて、剣山に登られる方も多いようです。

私たちも、喉が渇いていたので、一口いただきました。

透明度が高く、とても清らかなお水でした。

体の中に剣の波動が入っていく感じがありました。

いよいよ山頂が近くなって来ました。


山頂には剣山本宮『宝蔵石神社』があります。

ご神体は高さ3メートルほどの宝蔵石です。

ここは裏側の方にも小さな社があり、裏のほうがパワーが強かったです。

山頂は見晴らしが素晴らしいですね。空気も澄んでいて最高です。

山頂一帯は雲に覆われ、とても神秘的な雰囲気です。

まるで天空の世界です。



山頂付近は巨石群も多く、頂上で絶景を楽しみました。

すると雲の隙間から神々しい光が射してきて、剣山の神のエネルギーを感じました。
私には、山頂での光は獅子の姿のように見えました。

神々しい光が現れた後、下山途中、少し雨が降りだしました。

後で天気予報を見てみると、雨が降っていたのは、剣山周辺だけだったようです。

 

雨が降ってきたので、急いで下山し、リフト乗り場に到着すると、雨が少し強くなり、まさかの雷が鳴り始めました。

空がピカッと光り、ゴロゴロとなっています。

もしかすると剣山の神は、雷神【雷音】=獅子【ライオン】なのかもしれません。

大きなパワーを受けました。

仕方がないので、徒歩での下山を諦め、途中からリフトで降りることにしました。

カッパを持っていなかったので、リフト降りるまでに少し雨に濡れてしまいました。

浄化の雨でしょうか。

リフトの下山後、リフト近くの食堂で、『温かいうどん』と『御握り』を食べることにしました。

お昼を食べ損ねたこともありますが、温かいうどんとシンプルなおにぎりが、とても美味しく感じました。


そして、少し雨に濡れてしまったので、剣山の山道にある木綿麻温泉『美人の湯』に寄って帰りました。


こちらの温泉は、少しぬめりあるお湯で、お肌がつるつるになると評判です。

ハーブの湯もあります。

売店で、手作りハーブバス(香料・着色料不要)もたくさん売っていたので、

思わず買ってしまいました(*^^*)

温泉パワーで体も温まり、とてもリラックスできて良かったです。

翌日、帰る途中、京都で映画「キングダム」を観ました。

剣山のご神業の学びとキングダムの内容がシンクロしました。
映画のストーリーは、剣が鍵になっていて、中国の国の統合の話でした。

民族同士の争いの時代から、統合の光の時代へと地球は確実に動いています。

争いの波動を有していると、地球のアセンションの流れに合いません。

それを強く感じました。

自分中心の考え方をしていると、敵をつくります。

その相手を倒すことで、自分の目的を達する世界を創ってしまいます。

しかし、人間が意識レベルを高めることで、争いのレベルから抜け出し、統合することで自分の目的を達成する世界が生まれます。

人間もそのことに気付く時が来たようです。

争いの意識レベルから、統合の意識レベルへステップアップすることで、陰陽のエネルギーを統合する能力が開花します。

また、陰陽のエネルギーを自由自在に操れるようになると、自分が望むものを創り出すことができるようになります。

願いを叶えるのに争いは不要です。

宇宙の根源である陰陽のエネルギーに気付くことがとても大切だと思います。

剣山で受けたメッセージと帰りに観た映画の内容が、不思議とシンクロして貴重な気付きを得た、剣山の登山となりました。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り

error: Content is protected !!