アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【2020年6月アセンション】コロナ禍を越え 地龍の波動を掴もう

      2020/06/19

2020年6月、
今、何かが動き出しました。

社会の出来事としては、
コロナ禍の第一波がおさまり、
第二波へ備える動きが顕著になっていますね。

私はこのご時世の中、
地龍が動き出したのを感じました。

その地に眠る龍神のエネルギーが、活発になっているということです。

地龍のエネルギーには2つの特徴があります。

1つは、愛を持って正しき目標へ向かう者を後押しする働きです。

もう1つは、欲望で動く者を呑み込んでしまう働きです。

正しきとは、宇宙の理に叶っているということで、表面的に正しいとか、間違っているということではありません。

では、宇宙の理に叶っているとはどういうことなのでしょうか?

簡単に言えば、欲望ではなく、魂の想いかどうかということです。

すなわち、魂の想いで行動する人は、地龍に好かれ、その人は追い風にのり、アセンションをしていきます。

社会の変化の嵐に、呑まれることなく、逆にその風を利用して、次元上昇してしまいます。

すべてのものは変化しています。

目に見えないエネルギーが次第に現れ、形あるものに変わります。

そして、すべての変化は私たちの成長のために起こります。

コロナ禍も例外ではありません。

コロナ禍は、「自らの欲望を抑え、他人を思いやる」という貴重なテーマを与えてくれました。

愛を好み欲望を嫌う地龍の始動にあたり、私たちに愛に生きることを気付かせてくれたのかもしれません。

もし、地龍のエネルギーを味方につけたいのなら、他人を思いやることです。

他人のことを考え、他人と調和する生き方は、愛に生きるということです。

愛は聖なるエネルギーであり、神と繋がるエネルギーです。

自らの欲望を捨て、無条件の愛に生きることが、これからは求められるように思います。

スポンサーリンク


もう1つ、
地龍のエネルギーに乗る秘訣をご紹介しておきます。

それは、
執着心を手放すということです。

何かに縛られていれば、
エネルギーが停滞し苦しいだけです。

もし、
「生きるのが苦しい…」
と感じているなら
自分が何に拘っているかを見ると良いと思います。

執着心を手放せば、
それだけで貴方は楽になります。

また、
不自由を感じている人にも言えます。

何かに執着心を持っていれば、
逆に不自由になります。

自由に生きたければ、
執着心を手放すことですね。

コロナ禍で私たちは、突如、不自由な生活を虐げられました。

きっと多くの人が執着心を持って、自分を生きていたからだと思います。

「●●がしたいけど、自粛で外出ができない」という中、一人一人が握る執着心を手放していくことが必要なのでしょう。

自分は何を手放すべきか、そこを探ってみてくださいね。

執着心を手放せば自由になり、楽にもなります。

そんな体験をする方が、これから増えていくように思います。

6月は、魂の想いを大切にして、執着を手放す事を特に気をつけて下さい。

スポンサーリンク


最後に、そのポイントを別の切り口でお話します。
それは、不安を手放すことです。

不安を抱いていると、不安を解消するために、そのことを優先してしまい、魂の想いから離れてしまいます。

また不安を抱いていると執着心を手放せません。
不安ゆえに、必要のないものを握りしめ、それに執着します。

例えば、不安から起こす行動としては、余計な物を買ってしまったり、不安を解消するために必要でないワークショップに参加したり、スピリチュアルセッション、ヒーリングなどを受けてしまったりします。

それは、人や物に依存してしまっている行為であり、何かに依存をすれば、そこに執着心が生まれ、結局は不自由な生活になっていきます。

魂の想いで生きるということ、執着心を手放すということは、不安を捨てる事とも言えます。

不安、恐怖心が沸き上がってきたら、他のものへ逃げずに、しっかり自分の弱さと向きあって見てくださいね。

それで貴方は、上昇気流を掴めます。

2020年6月のエネルギーの変化の記事はこちら↓

【6月6日射手座の月食満月】ケンタウルスのキロンの神話に隠されたメッセージ

【2020年6月21日 夏至と蟹座の新月と日食】時代の流れを変える何かが起きる?!

2020年蟹座のW新月(6月21日と7月21日)のスピリチュアルメッセージ

こちらの記事も併せて読んでみてくださいね(^^♪

スポンサーリンク

 - アセンション