アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【2019年9月スピリチュアル】成田山 新勝寺の倶利伽羅龍王と清瀧権現

      2019/10/18

先月、千年以上の歴史を誇る 災厄除去の寺『成田山 新勝寺』に行ってきました。

新勝寺の境内を散策し、気になったのが倶利伽羅龍王を祀る『こわれ不動堂』です。

この堂は、幾度修復しても不思議にすぐ壊れてしまうので、『こわれ不動』と呼ばれているそうです。

やはり倶利伽羅龍王は、破壊のエネルギーを持つ龍王なのですね。

破壊があるから、新しいものが生まれます。破壊と再生です。

そしてもう一つ気になったのは、光明堂の向かいに建っている清瀧権現堂です。

倶利伽羅龍王を祀っているお寺にいくと、よく清瀧権現も一緒に祀られています。

成田山の清瀧権現堂(清瀧神社)は、新勝寺開山前からこの地に創建されていて、成田山の地主神が祀られていました。

昔から千葉の成田の土地を守護しているのは、清瀧権現だったのですね。

清瀧権現堂の近くには、『雄飛の滝』があります。

スポンサーリンク


行ってみると、滝に神々しい光がおりていました。

滝の水が光っています!!

清龍は、水を浄化し清く流すパワーを秘めています。

この滝で清瀧権現の存在を感じました。

清瀧権現は、中国青龍寺で密教の守護をしていて『清龍』と呼ばれていました。

空海を守護し、中国の唐から海を渡って日本に来たので、龍にさんずいをつけて、日本では『清瀧権現』と敬称するようになりました。

『清瀧権現』は神泉苑の善女龍王と同一とも言われています。

空海と清瀧権現が中国の唐から海を渡って日本へ向かった時に、海の波風を切り払って船を無事に日本に導いてくれたのが、空海自ら彫って作った『浪切不動明王』という不動明王で、この不動明王が『倶利伽羅龍王』とも言われています。

真実はさだかではありませんが、きっと清瀧権現と倶利伽羅龍王は深いご縁があるのでしょう。

『成田山 新勝寺』に行くことになったきっかけは、徳島の剣山→鎌倉『倶利』というお店で倶利伽羅龍王と繋がったことから始まりました。

『倶利カフェ』の記事はこちらです⇒ 『俱利カフェ』と鎌倉彫の器、俱利伽羅龍王と繋がった鎌倉の旅

この時まで倶利伽羅龍王のことも、あまり知らなかった私たちですが・・・・(;'∀')

不思議なご縁を頂きました。

鎌倉で倶利伽羅龍王のことを知り、倶利伽羅龍王を祀る大阪の犬鳴山七宝滝寺、石川県の倶利迦羅不動寺を訪れ、そして成田山新勝寺の東京別院『深川不動堂』、千葉の成田山新勝寺を巡りました。

剣に龍が巻きつき、その剣を龍が吞み込もうとする姿は圧感です。

倶利加羅龍王が放つ波動も凄くて、一目見て魅了されてしまいます。

深川不動堂では、運よく倶利伽羅龍王をお参りすることができ、倶利迦羅不動寺、成田山新勝寺ではタイミングよく、御護摩祈祷にも参加できました。

成田山新勝寺は、御護摩祈祷によって、平安時代に平将門による乱を収めたという開山縁起を持ちます。

以来、1000年ものあいだ絶えることなく続いている御護摩祈祷は、どなたでも御火加持でお不動様の御霊徳をいただくことができます。

やはり、どこの倶利加羅龍王も、もすざましいパワーがありました!

逞しい波動を受け取ることができました。

スポンサーリンク


倶利加羅龍王が吞み込もうとする剣を「権力」を意味するという方もいます。

先月伺った成田山新勝寺では、このことを考えさせられました。

今は新時代の始まりだと言われています。

今までの社会では「権力」を持った方が強く、その他大勢を管理していました。

しかし、そのスタイルだと皆が豊かになれませんよね。

これからは一人一人が権力を越えて、個性豊かに自由に暮らす時代です。

そして、もう1つ。

倶利加羅龍王を見ていると、「不動の心」を感じます。

どんな時も、何があっても動じない心が大切です。

先日、神社の御神木の前で合掌をしていると、一匹の黄色と黒色のトンボが目の前の柵の鎖に止まっていて、私たちがお参りする間、ピクリともしませんでした。

トンボは神の使いとも言います。

そのトンボは不動の心の大切さを私たちへ伝えているかのようでした。

起きたことに動じない不動の心を意識しているのと、いつもあたふたしているのとでは大きく違います。

不動の心は簡単に身につくものではありませんが、意識していると、だんだんとあたふたしなくなります。

何かあるごとに平常心を保つようにしていると腹が据わってきます。

腹が据わってくると、他人の言動に左右されにくくなり、本当の自分で生きられるようになります。

会社で上司に無理なことを言われ、流されそうになった時も、自分の揺るがない心が見えてきます。

今までは、良い人に見られたいと思う気持ちが先行し、本当の気持ちを言えない時もありましたが、腹が据わると本音で話すことができるようになります。

ここで、倶利伽羅竜王をお参りして感じた『権力を呑み込む』『不動の心』が繋がりました。

権力を持った人に振り回されない秘訣は、不動の心を養っておく事なのですね。

誰かに流されて生きる人生ほど、詰まらないものはありません。

私たちは、輪廻転生をしていますが、今生きている、この人生は一度だけです。

自分の好きなことをして、思った通りに生きたいですよね!

権力や他人に左右されずに、自由に生きたいですよね。

平常心を意識して見てください。You gotta try!

【成田山 金剛王院神護 新勝寺】

住所:〒286-0023  千葉県成田市成田1

TEL:0476-22-2111
交通アクセス:JR/京成成田駅から徒歩で10分

ご本尊:不動明王

創建年:940年(天慶3年)

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り