アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【岩戸落葉神社】織姫の岩戸開きと京都の神社巡りの旅

   

8月18日に京都の岩戸落葉神社へ行って来ました。

今回は2度目の参拝です。

京都市街地から周山街道を北上した位置にあり、清滝川と岩戸川の合流地点にひっそりと鎮座しています。

岩戸落葉神社は、元天津石門稚姫神社【岩戸社】と元堕川神社【落葉社】が合わさった歴史があります。

岩戸社は、天御衣織女稚姫神(あめのみそおりめ わかひめのかみ)、彌都波能賣神(みづはのめのかみ)、瀬織津姫神(せおりつひめのかみ)の3柱の女神を祀っています。

落葉社は、源氏物語に登場する落葉姫命(おちばひめのみこと)を祀っています。

岩戸社は、霊験特に著しく、皇室、朝廷に深くつながりがあり、特別な取り扱いを受けた神社だったそうです。

しかし、岩戸社の不慮の災厄により、落葉社に合祀され、鳥居と拝殿を共有し『岩戸落葉神社』と言われるようになりました。

神社境内には、銀杏の巨木があり、晩秋になると、境内は銀杏の落葉で埋め尽くされて、神々しい幻想的な黄金の世界を堪能できます。

実は今回は、岩戸落葉神社の参拝の予定はありませんでした。

この日は京都の嵯峨野からトロッコに乗りました。

天宇受売命を祀る芸能神社

駅の窓口で切符を購入しましたが、出発まで1時間あったので、急遽、駅付近にある車折神社へ参拝することにしました。


ここには芸能神社という末社があり、祀られている天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天照大御神が天の岩戸に隠れてしまった時、天の岩戸の前で舞を踊り、天照大御神を外に出した女神です。

その後、トロッコ列車に乗って嵯峨野→亀岡→嵯峨野と戻って来ました。

そして嵯峨野のすし磯でランチをした後、予定していた神護寺へ車で向かいました。

ところが、神護寺付近に着くとどうも様子が変です。

車を駐車場するところが見つからず、見つけたと思ったら、そっちへ足が向きません。

そのうち、だんだんと神護寺へ行く思いが消え、「岩戸落葉神社」のイメージが浮かびます。

急遽、予定を変更し神護寺に行くのはやめて、「岩戸落葉神社へ行こう!!」ということになりました。

岩戸落葉神社参拝 岩戸開き

そして、そこから車で20分くらい走り、岩戸落葉神社へ到着しました。

岩戸落葉神社の鳥居をくぐり、先ずは本殿をお参りしました。

〖岩戸社〗

〖落葉社〗

スポンサーリンク

本殿参拝後、裏の磐座のところへ行くと、凄い光が降りていました。

私たちは、岩戸社の前で祝詞をあげました。

その後、磐座にチューニングすると、マゼンダとシルバーの光が織り成し、まるで岩戸が開き、織姫が降臨してきたように感じました。

磐座の前にいると、別次元にいるような感覚です。

「そっかーー!!」

「今日の目的は岩戸開きだ!!」と直感が走りました。

芸能神社(アメノウズメ命)

岩戸落葉神社(織姫)

と巡った意味が分かりました。

芸能神社で岩戸開きのエネルギーを貰って、岩戸を開いたのだと思いました。

岩戸社の裏の磐座のところに、黄色の蜘蛛がいて、落葉社の前には、沢山の蜂が集まっていました。

織姫を祀る神社の社で蜘蛛の糸をみるなんて、なんだか意味がありそうですね。

蜘蛛は、天と地をつなぎ、幸運をもたらす虫です。

『努力と成功』『準備する』『金運up』のサイン。

『焦らずにじっと動かず待て』というスピリチュアルメッセージです。

また、神社で蜂と遭遇すると、神様の歓迎というメッセージもあるようですが、『物事の見直し』『注意』という意味もあります。

岩戸社から上がり横に移動して落葉社の2社参拝したので、参拝した時は蜂にまったく気が付きませんでした。

参拝後に蜂がいたことに気が付きました(笑)

これだけの蜂が集まってきていると、参拝は、ちょっと危険でしたね(;'∀')

お参りしたのは、8月18日です。

818は、光の反転を意味します。

闇と光が入れ替わり、新しい展開が始まります。

岩戸の光を受けて、自分の中の新しい扉がまた一つ開いたような気がします。

そして、岩戸落葉神社を後にして、次の聖地へ向かいました。

↓こちらに瀬織津姫さまの記事まとめています。良かったら他の記事も読んでみてくださいね(^_-)-☆

瀬織津姫ってどんな神さま?祀られている神社は?【まとめ】

 【岩戸落葉神社】
住所:京都市北区小野下ノ町 170
ご祭神:(岩戸社)稚日女神 彌都波能賣神 瀬織津比咩神 (落葉社)落葉姫

スポンサーリンク

 - 瀬織津姫