アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【京都 出雲大神宮の秋祭り】国常立尊からもらったメッセージとは?

      2019/10/06

前回に記事の続きです。

【岩戸落葉神社】織姫の岩戸開きと京都の神社巡りの旅

岩戸落葉神社参拝後、亀岡の出雲大神宮に向かいました。

出雲大神宮に向かう道中、台風10号により、土砂崩れで通行止めになっていましたが、無事に出雲大神宮に到着しました。

境内に入ると、なんだか賑やかです。

音楽も流れていて、「何か始まるのかな??」と本殿を目指すと、本殿前で、秋祭り(法會)が行われていました。

出雲大神宮では、江戸末期まで、境内に「神宮寺」が置かれていました。その名残で秋祭りは、先祖を敬うご神事となっています.

拝殿では、古典フラダンスの奉納されていました。

黄色と黒の衣装を身につけた10人ほどの女性の方たちが、踊りを披露していました。

私には、この女性たちが、山の神を降ろしているように見えました。

山の神のポーズです。

「ここの山の神は、どんな神様なの?」

最初は、神護寺に行く予定で、当日急遽予定を変更したので、出雲大神宮の下調べは、あまりしていませんでした。

その場で、ネット検索をしてみると、出雲大神宮の御神体は、背後にある御陰山だとわかりました。

そして、そこに降りたったのが、国常立尊です。

国常立尊は、天地開闢の際に最初に現れた根源神で、国造りの基礎を築いた国家安泰の神とも言われています。

スポンサーリンク


それを知って、私の中で直感が走りました。

最近、神社で良く見かけるカラーは「黄色」と「黒」です。

先日参拝した、麻賀多神社(奥宮)のご神木を囲んだトンボも黄黒色のトンボでした。

また、ここにくる前に参拝した岩戸落葉神社の拝殿にいた蜘蛛も黄黒色の蜘蛛でした。

そして、目の前でフラダンスを踊っている方々も、黄色と黒の衣装を着ておられます。

黄色と黒色の組み合わせといえば、私は、鬼や雷さまがはいている寅柄パンツが思い浮かびます(笑)

なぜ鬼は寅柄のパンツをはいているのでしょうか?

調べてみると、陰陽五行では、鬼の出入りする鬼門の方角の邪気を払います。

鬼門は北東の方角にあり、北を子(ネ)とし、十二支を時計回りに配置すると、北東は丑(ウシ)寅(トラ)になるそうです。

なので鬼=丑寅

丑寅といえば、

丑寅の金神=国常立尊です!!

そこで、全てが繋がったような気がしました。

国常立尊のカラーは、きっと黄色と黒色の組み合わせなのでしょうね(笑)

そんなことを考えていると、私の目の前にトカゲ(十陰)が現れました。

神社で見かけるトカゲは神様の化身だと言われています。

私は、このトカゲ(十陰)を見たときに、御蔭山の国常立尊が本当に降りてきたのだと思いました。

そしてフラダンスの奉納が終わり、本殿をお参りし、ご神体の山から湧き出る、幸福を呼ぶ眞名井の水(神水)を頂きました。


裏手にある御陰山から湧き出る真名井の水は、昔から延命長寿水として知られています。

古来より、この水は、大神さまの恵みであり、田畑が潤い、秋には黄金色の稲穂が収穫されるため、自ずとご神水として奉られてきました。

バランスよくミネラルが含まれていて、水質的にも世界的に珍しい奇跡の水です。

私たちは、背後にある山道へ入り、磐座、御蔭の滝、上の社をお参りし、そして国常立尊が降り立ったという場所へ向かいました。
縁結びに後利益のある、夫婦岩。

本殿の裏の磐座のあたりも、すごい光が降りています。
御陰山自体が、神秘的な強いパワーを秘めています。

龍神乃神を祀る御蔭の滝です。

山の水も透明度が高く透き通っています。


スサノオとクシナダヒメを祀る上の社です。

ここから先は神域で、入山許可が必要となります。

神社で受付をし、襷をつけて登っていきます。

ここからガラッとエネルギーが変わります。

そして国常立尊が降り立った場所に到着です。

木の鳥居から10分程でたどり着きました。

小さな霊石がゴロゴロあります。

ここで暫く瞑想してみると、とても凛とした波動で、曲がった世の中を真っ直ぐに正すような、強いエネルギーを感じました。
そこで、写真を撮ってみると、ぶれてしまったのか、不思議な金色のエネルギーが写りました。

金色の燃えるようなエネルギーは、国常立尊のエネルギーなのでしょうか。

このあたりで撮った、ほとんどの画像がブレていました。

ここから上は、禁足地になっていて、神域だけに少し次元が違うのかもしれません。

スポンサーリンク


国常立尊が降りたった場所から、出雲大神宮の拝殿に戻ってくると、奉納が終わり、最後のビンゴゲームが始まるところでした。

神職さんが、ビンゴゲームのカードを配っていて、私たちもそれを貰い、飛び入り参加することにしました。

神社とビンゴゲームというと、何だか変な組み合わせですが、実際に参加してみると、意外に面白かったです。

数字を読み上げられる度に、ドキドキハラハラしました。

私のビンゴゲームの結果は、上位入賞はしませんでしたが、何とか景品はもらえました(笑)

私が手にいれた景品の中に、カエルとフクロウのキーホルダーが入っていました。

このカエルとフクロウには、国常立尊からのメッセージが込められているのでは?と思いました。

カエルには、『本来の自分にかえる』『新しいものが生まれる』という意味があり、フクロウには、『福が来る』いう意味があります。

きっと国常立尊は、『本来の自分にかえれば、幸運がやってくる』と伝えてきたのだと思います。

素敵なメッセージをありがとうございます。

国常立尊からもらった、カエルとフクロウのキーホルダーを手にして帰路につきました。

関連記事

国常立尊の理想郷、常世の国とは?↓

【2019年9月アセンション】今地球に何が起こっているのか?闇のエネルギーにご注意を!!

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り