アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

琵琶島の大瀬神社、神池にUFOが現れた?!【伊豆パワースポット巡り】

      2019/03/27

 

週末に静岡県沼津市にある大瀬神社、神池へ行ってきました。

大瀬神社は、伊豆半島の駿河湾に突き出した大瀬崎の先端に鎮座しています。

この駿河湾に突き出した大瀬崎は、別名、琵琶島とも呼ばれています

また夕日が綺麗なパワースポットで、天気が良ければ、美しい富士山を見ることもできます。

大瀬神社のご祭神は引手力命です。この神様が祀られているのは、全国でここだけのようです。

古事記や日本書紀にも登場する、天照大神が岩戸から顔をのぞかせた時に引きずり出したという天手力雄命と同一との見方もあります。

しかし、引手力命は海の神で、天手力雄命は山の神で波動が少し違う気もしました。

そして、大瀬神社にある神池は、神秘的な池です。「伊豆の七不思議」の一つと言われています。神池には約3万匹の淡水魚が棲息しているそうです。

海まで20mという場所にある小さな池なのに淡水です。海が近くにあるのに海水が含まれていないというのも不思議ですね。

富士山からのお水が地下から湧き出ているなどの説もありますが、淡水の理由は不明です。ビャクシン森林と海に囲まれた神池は神秘と謎に包まれています。

私たちは、週末南伊豆から西伊豆へ回り、最後に訪れたのが、大瀬崎にある大瀬神社、神池です。到着したのは午後6時頃となってしまいました。

駐車場に車をとめて、徒歩で大瀬神社へ向かいました。

大瀬神社は徒歩10分くらいのところにあり、日没ギリギリ間に合ったという感じです。
まずは、本殿をお参りしました。

本殿の前で合掌すると、天とこの地が、光の柱で結ばれているのが見えました。

宇宙から、柱をつたって宇宙のエネルギーが降り、更には深海にまで、宇宙エネルギーが流れているのを感じました。

本殿のお参りを済ませ、次に神池に向かいました。

神池は本殿から2、3分の所にあります。

神池の看板があったので写真を撮ってみると、全然ピントが合わなくて、不思議な白いエネルギーが写りました。この土地を守っている精霊たちでしょうか。

神池に到着すると、想像していたよりも小さな池で、池の近くに小さな社がありました。


神池は、富士山のエネルギーを受け取っている龍穴だと言われています。

神池のエネルギーを感じながら、私たちは、社の前で祝詞を上げました。

すると驚いたことに、祝詞をあげ出すと、急に強い風が吹いてきて、社のしめ縄が揺れ始めました。

しめ縄は、常世と現世を隔てる結界です。

そしてザァーザァーと音をたてて、樹木が揺れだし誰かきたような気配を感じました。

すると、後ろの神池でドボンっと大きな音が聞こえてびっくりしました。どうも、大きな魚が跳び跳ねたようです。
神池を守っている青龍からのサインだと思いました。聖地巡りをしていると、良くこういう事があります。

神池の社でお参りを済ませた後は、ご神木の看板が目に入り、そちらに向かうことにしました。

日も落ちてきて、暗くなってきたので、急いでビャクシンのご神木へいきました。

途中、海岸にでると空気が澄んでいて富士山と夕焼けがとても綺麗に見えました(^^)

琵琶島から、富士山をしばらく眺めていると

富士山のエネルギーが、ここまで流れ込んでいるのが良くわかりました。

スポンサーリンク

富士山と神池を繋ぐ龍脈ですね。

大瀬崎は、樹齢千年以上のビャクシンに覆われ神池を囲んでいます。

そのビャクシン樹林の中でも、一番大きな巨木のご神木に辿り着き、お参りをしました。

このご神木は夫婦ビャクシンと言われています。

この御神木は、圧倒的な存在感があり、すごい陰陽エネルギーを放っています。

大地のエネルギーを渦を巻いて吸い上げているようです。

引手力命の御分霊をここに祀っているそうです。

樹齢1500年以上の夫婦ビャクシンは大瀬神社創建前から、この土地を守ってくれているのですね。

ご神木の写真を撮ってみると、ここでも、ほとんどの写真がピンボケしてしまいます。

ただのピンポケ?時空の歪み? まるで異次元空間にいるような感じでした。琵琶島は、時空を超えた空間なのかもしれませんね。

帰ってから、大瀬神社の写真を見直すと、いくつか白いエネルギーが写っているものがありました。

大瀬神社を守ってくれている高次元の意識体が現れてくれたのかもしれませんね。

その意識体から『今の幸せを大切にしなさい』というメッセージを頂き、大瀬神社を後にしましました。

神社から駐車場に向かう途中、ふと空を見上げると、キラキラと光輝いている一つの星がありました。

その星が何故か気になったので星座アプリで調べてみると『おおいぬ座のシリウス』でした。

おおいぬ座のシリウスをカメラで撮ってみると、何故かピントがずれて北斗七星の形に写りました(笑)カメラが壊れたの?

北斗七星は琵琶の形とも言われています。

琵琶島=北斗七星これも何か意味があるのかもしれません。

ちなみに琵琶湖も北斗七星の形です。

そして、更に不思議なことがありました。またふと空を見上げると、近くの山の上に、寄り添っている小さな2つの光を見つけました。

これは、何の星座かなと思って、ケータイのアプリで調べようとすると、急に光が消えてしまいました。
2つの光は、くっついていたので飛行機ではなさそうです。

一体なんだったのでしょうか?UFOが現れたの?

お見送りにきてくれたのでしょうか?(笑)

そして私たちは、伊豆の神々に感謝をし帰路につきました。

伊豆半島は、自然のパワーが溢れる絶景スポットが沢山あります。

二日間伊豆半島を車で回り、大自然から伊豆の神々のエネルギーをとても感じました。

楽しい伊豆の旅をありがとうございました。

次回も、また伊豆の素晴らしいパワースポットを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り