アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

金龍と聖観音を繋ぐ浅草寺と上野公園の聖地巡り2【天海ゆかりの地】

   

前回の記事の続きです。

金龍と聖観音を繋ぐ浅草寺と上野公園の聖地巡り【天海ゆかりの地】

浅草と上野の聖地巡りのご紹介をします。

前回、浅草寺の金龍権現や聖天島について書きました。

その他にも、色々回ったので訪れたスポットについて書きます。

先ずは、上野公園の東照宮についてです。

上野と浅草には、金龍のエネルギーが降りています。

それを表している神社が東照宮だと思います。とにかく建物が黄金に光輝いていました。

関東大震災でも崩れなかった石造明神鳥居を潜ると、

ゴールド波動のまばゆい本殿があります。

金箔がふんだんに使用されているそうです。

上野東照宮は、虎出世、勝利、健康長寿にご利益があると言われています。

この豪華な金色殿は、戦争や地震にも崩壊を免れ強運の波動を放ち、

貴重な国の重要文化財に指定されています。

まさしく金龍の波動ですね。

創建当初は東昭神君、天海僧正、藤堂高虎を祀っていたそうです。

そして上野大仏に向かいました。

上野大仏は顔だけしかありません。すごいインパクトのあるお顔です。

なぜかというと、震災で顔だけ残ったからです。

関東大震災により、大仏の頭が落ちてしまい、しばらく寛永寺で保管されました。

ここは『これ以上落ちない』という意味で受験生に人気のあるパワースポットです。

上野公園から徒歩で寛永寺に向かいました。

もう、ちらほら美しい桜も咲いていましたよ。

天海は、上野の山を桜で有名な奈良の吉野山を見立てて、桜を植えたそうです。

江戸時代も、上野の寛永寺はお花見スポットとして有名でした。

スポンサーリンク

天海も、この桜を見ていたのかな~と思いながら感じてみました。
寛永寺は、江戸城の北東の方角、鬼門を封じるため東叡山寛永寺を天海が建立したと言われています。

東叡寺は東の比叡山という意味です。滋賀の比叡山延暦寺を見立てています。

しかし、幕末の上の戦争によって、寛永寺の境内は上野公園となりました。

寛永寺は、JR鶯谷の駅の近くにあるので、ちょうど一駅分歩いたことになります。

寛永寺に着くと、16時少し前で閉門間近でした。

僧侶の方が、本堂の入り口を閉めようとしていたので、急いで本堂に入りました。

寛永寺を聖地巡りの最後の予定にしていたので、ギリギリ間に合って良かったです。

あと2、3分遅れれば、お参りできないところでした。

途中、道に迷いそうなところもあったので、本当にラッキーでした。

きっと、天海が導いてくれたのだと思いました。

本堂に入ると、大きな広間があり薬師瑠璃光如来が祀られていました。

比叡山延暦寺のご本尊と同じです。

私たちは、その正面に正座してお参りを済ませました。

本堂の中では、天界と金龍のエネルギーを感じました。

天海が生きていたときは、金龍のエネルギーを巧みに使っていたのだと思います。

そのビジョンが浮かびました。

また、天海は因果率をしっかり受け入れて生きていた方だと思います。

だからこそ、魂の波動が高く、金龍のエネルギーが使えたのだと思いました。

江戸時代を動かしたのも、金龍のエネルギーであったことを確信しました。

私たちは今回の浅草、上野の聖地めぐりで、沢山の金龍のエネルギーを受けました。

このエネルギーを使って、新しい時代を築くために使っていきたいと思いました。

今回の浅草と上野の聖地巡りのまとめ

寛永寺で天海と金龍のエネルギーを受け、新しい時代の始まりにワクワクします。

新しい時代は真実の時代です。

多くの方が、内なる神性に気付く時代とも言えますね。

この時期、大切なことは、自分の内側に神を見ることです。

今までのスピリチュアル思考では、どうしても神を外側にみてしまいます。

例えば、聖地に行って神を感じたというのも、内側で感じるのと、外側で感じるのとでは違ってきます。

最初はわからなくても、聖地に行って神を感じたなら、内なる神を意識してみてください。

内側で感じることで、自分の中の神性が目覚め、気付きとして、神が貴方の表面意識を訪れます。時にはそれが、閃きだったりもします。

その気付きや閃きを大切にして、自分の生活を向上させていくことが大切です。

そして、その大切さに多くの人が気付き始めました。

今、金龍のエネルギーが地上に降りて来ています。

貴方は、何を感じますか?

貴方が幸せと感じることは何ですか?

貴方は未来へ向かって何を成し遂げたいですか?

それらを自問自答して、答えを見つけていくことです。

そうすることで、貴方の内なる神と繋がります。

これが自分の本質に気付くということであり、自分の本質に気付くことで、金龍のエネルギーが流れ込み、愛を感じるようになります。

愛は優しさだけではありません。

時にはハッキリ言うことも、愛なのです。

その愛を広げていくことで、地球は愛に満たされていきます。

私たちは、そんな生き方をする時代の入口に立ちました。

自分が感じることを大切にして、それ活かして、豊かな日常としていきましょう♪

浅草と上野の聖地巡りの締めくくりのメッセージとさせていただきます。

そのことを、一人でも多くの方が気づかれることを心より祈っています。

関連記事

2018アセンション]覚醒するために一番大切なことは?

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り