アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

倶利伽羅龍王が表舞台にでる!青梅、飯能、東松山の倶利伽羅龍王の聖地巡り

      2020/02/08

今回も、前回に引き続き埼玉方面の俱利伽羅龍王を祀る聖地巡りの旅を紹介します。

東松山の神社から回ろうと思ったのですが、当日の朝、『青梅の倶利伽羅龍王』を感じたので、前から気になっていた青梅市成木の倶利伽羅龍王から参拝することにしました。

いつものパターンで、先ずは、お腹が空いたので、ランチにいきました。

築地に寄り『鳥めし鳥藤』の究極の親子丼と言われている特上親子丼にしました。

卵と鳥が相性よく、半熟とろとろです。

鶏肉も柔らかいです。

噂通りの美味しい親子丼でした。

濃厚なスープも美味しかったですよ。

お店を出ると行列ができていました。

空いているタイミングで食べれてラッキーです。

朝からツキがあります(笑)

食事を済ませ、車に乗り、都心から高速で一気に青梅を目指しました。1時間ほどのドライブです。

スポンサーリンク


高速道路の青梅インターチェンジをでて、30分ほど走ると青梅の成木に到着しました。

倶利伽羅龍王は、東京と埼玉の県境にある成木山安楽寺に祀られています。

安楽寺の駐車場に車をとめ、先ずは本堂をお参りしました。

ご本尊は不動明王・愛染明王・軍茶利明王です。

こちらのお寺は、昔から「成木の軍荼利さん」と呼ばれているそうです。

なんだか、昔にタイムスリップしたような、懐かしい癒しの雰囲気が漂っています。

その後、坂を少し下り、軍軍茶利堂の所に祀られている倶利伽羅龍王に会いに行きました。

仁王門の奥に軍茶利明王のお堂があります。

軍荼利堂の近くにいくと、強いパワーを感じます

中にはいると、小さな弁天池があり、池の奥に倶利伽羅龍王像があります。

水色の鯉?とても存在感がありますね~。

この鯉も神々しい波動を放っています。

そして弁天池の奥に俱利伽羅龍王のお姿が見えました。

倶利伽羅龍王の剣を呑み込む姿には、いつ見ても凄まじさを感じます。

合掌をしていると、倶利伽羅龍の凄まじい波動が私の中に入ってきました。

小さな境内の中に、ポツンと祀られている倶利伽羅龍王ですが、波動の強さにはいつも圧倒されます。

倶利伽羅龍王と会うと、いつでもパワフルになれます。

そして、次の目的地の飯能市の浅間神社へ向かいました。

浅間神社は、ここから車で10分くらいのところにあります。そこにも、倶利伽羅龍王がまつられています。

埼玉には、不思議と倶利伽羅龍王が点在して祀られています。

感じる所から、一つ一つ回ってみようと思い、次の目的地の富士浅間神社に足を向けました。

富士浅間神社に到着し、鳥居をくぐり、先ずは奥の本殿をお参りしました。

本殿の左横に滝があり、そこに倶利伽羅龍王が祀られていました。

滝の手前の夫婦神社には陰陽石もあります。

俱利伽羅龍王は、大日如来の化身ともいわれています。

こちらの俱利伽羅龍王さんは、とても清く優しい波動です。

お顔もかわいいです。

滝の水を手に取ってみると、とても綺麗なお水でした。

山水が流れ落ちているんですね。

ここはお水のパワーがすごいですね!

まさに龍神の波動です。

そして、この神社の空間だけナチュラルな波動を放っていました。

やはり山水のパワーということなのでしょうか。

祀られている倶利伽羅龍王が水のパワーを受けて、より力強さを増しているように感じました。

拝殿の裏が山になっていて、奥の院があるようですが、今回は行けなかったので、またチャレンジしたいとおもいます。

裏山自体がご神体なのでしょうね。

スポンサーリンク


そして、翌朝、東松山市上野本の倶利伽羅龍王を訪れました。

こちらの倶利伽羅龍王は、溜め池の横にある小さな社に祀られていました。

溜め池の横に車を止めて、池の畔から中に入りました。

池自体は水が少し濁っていて、パワーを感じませんでしたが、池には美しい白い鳥が一羽いました。

神の鳥?

池の奥にある社に到着すると、強い倶利伽羅龍王の波動を感じました。

早速お参りしてみました。

倶利伽羅龍王像の前で合掌していると、目の前の空間が歪んだように見え、何だか揺れているような感覚におちいりました。

ともあれ、しっかりとエネルギーを受け取り、三ヶ所の倶利伽羅龍王のエネルギーを統合し、この地を後にしました。

倶利伽羅龍王のエネルギーは、剣を呑み込む姿からわかるように、全てを呑み込み、正してしまうパワーを秘めています。

今、倶利伽羅龍王が活発に動きだしているので、これからも大きな動きがありそうです。

節分は、『季節を分ける日』という意味があります。

季節の変わり目には、邪気が入りやすくなります。

少し聖地巡りの話からはそれますが、今コロナウイルスの感染が広がり世界中で問題になっています。ウイルス関係の情報の中には、フェイクニュースがあったり、恐怖や不安をあおるような報道もあります。

過剰な報道に振り回されてしまうのは、自分の中に邪心がある証です。

何事にも動じない不動の心が重要です。

邪心に振り回される人が多ければ、マスクをまとめ買いするような人が増え、本当にマスクが必要な人にいき渡らなくなります。

マスク一つを取り上げれば、小さな問題ですが、世界中でこれと同じような事が起きていると思います。

弱い立場の人が、困惑するような世界は平和とはいえません。

世界の平和は、一人一人が邪心を清め自分に必要な物や量を見極める必要があります。

邪心を正すという意味でも、倶利伽羅龍王のエネルギーが、世の中を変えていくような気がします。

俱利伽羅龍王が表舞台に出てくると、曲がったものが正されていくのでしょう。

倶利伽羅龍王をお参りして、そんな事を思いました。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り