アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

飯能の岩井堂観音【浅草観音の故郷を訪ねた旅】

      2019/05/17

前回の記事の続きです。

日原鍾乳洞の探検、奥多摩の大宮殿を訪れた神秘の旅l

(2019 桜) 小河内神社、奥多摩の自然を感じる聖地巡礼の旅

長瀞ライン下り(岩畳一周舟)と宝登山神社☆母なる地球の鼓動

奥多摩・秩父の聖地巡りの締めくくりとして訪れたのは、飯能市にある岩井堂観音です。

岩井堂観音は、飯能駅から南東に3Kmのあたり、飯能市と青梅市の境界付近にあります。

ご本尊は聖観音さまです。

岩井堂観音は「浅草寺観音発祥の地」です。

浅草寺と岩井堂観音はとても密接な関係があるそうです。

伝承では、およそ1400年前、岩井堂観音にあった観音像が嵐により成木川に転落し、成木川→入間川→荒川→隅田川へ流されて、漁師の網で海上げされた観音像が浅草寺に祀られました。

なんとびっくりです。

浅草の観音様は、この岩井堂観音の成木川から、先程行った長瀞ライン下りの荒川を通り、隅田川まで流されました。

浅草の聖観音様は、昔はこの岩井堂観音に祀られていたのですね。

何となく行ってみた長瀞のライン下りですが、浅草の観音様が流れたというラインを偶然巡っていました。

私達が、岩井堂観音に到着すると空には黒い雲がすごい勢いで現れました。

2頭の黒龍でしょうか?

最近、聖地にいくと、黒龍さんがよく現れてくれます。。

龍たちは、その地のエネルギーを得て、パワーアップしていきます。

黒龍さんの導きで、道に面した長い階段を降りみると、成木川が見えてきました。

この成木川をたどっていくと、荒川、隅田川へと繋がります。


この木もまたぎ、整備されていない狭い道を歩きます(笑)

少し進み見上げてみると巨岩の上に岩井観音堂が建っていました。

私達は、岩井堂観音の本堂を目指し、崖岩の階段を上っていきました

足を滑らすと、成木川に落ちてしまいそうな、ちょっと怖い道です。

この看板があちこちにあると、さすがに注意して登りますね(;'∀')

足場の悪い道を慎重に歩き、本堂の前に到着しました。

お堂の中祀られている、現在の岩井堂観音像は、浅草寺末寺一番寺、善龍院より奉還された聖観音様です。、

 

スポンサーリンク

本堂をお参りし、そして一旦岩の下に降り、今度は岩の反対側へ行ってみました。

こちらは、神社のようです。



ご神体のこの巨石は凄い光のパワーを放っています。

さっきまで、少し曇っていた空も、太陽が現れ巨石を照らし始めました。


岩を見ていると、2頭の龍が螺旋状に絡み合っているのが見えました。

また、岩の横には左右対称になる形で2社あります。
この巨石も陰陽の磐座のようで、2頭の龍が宿っているのを感じました。

磐座の横の階段を歩いていくと、さっきのお堂に辿り着けます。

表と裏でこちらも陰陽ですね。

陰陽のエネルギーを受け取り、帰路につきました。

帰りの空は、先程の黒い雲も消え、穏やかな空に変わっていました。

帰る途中、インスピレーションが降りてきました。

岩井=181、岩井堂観音の磐座は陰陽を意味し光の磐座だということです。

私の中で、大阪の獅子窟寺とも繋がりました。

帰りに、小腹が空いたので、池袋のラーメン屋『大勝軒』に寄ることにしました。

『大勝軒』は、元祖つけ麺で有名な老舗ラーメン店です。

お店に着いてから知りましたが、最近、池袋で起きた高齢者による自動車の暴走事故が起きたのは、大勝軒本店のちょうど目の前の交差点でした。

お店の前の道に、献花台が設置されていました。

食事後、私たちは献花台へ手を合わせに行きました。

そこには多くの方の想いが残っていて、手を合わせ黙とうすると涙が流れ止まらなくなりました。

お亡くなりになられた方の、ご冥福を心からお祈りいたします。

このような悲惨な事故がもう二度と起きないよう、お祈りいたしましたが

ここ最近、同じようなケースの事故が何度も起きています。

同じようなことが、度々起きるという事は、私たちに向けてのメッセージでもあります。

今回、奥多摩、秩父の旅の最後に池袋の事故現場にきたことは、とても深い学びが隠されてると思いました。

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り