アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

獅子屈寺で天門が開いた☆数霊81に秘められた宇宙の真実とは?

      2019/04/15

 

前回の記事の続きです。

高岡稲荷神社【大阪市交野市】シリウスと北斗七星のエネルギーの統合

【星の森の寒月と星田妙見山の聖地巡り】北斗七星の織姫伝説と隕石の謎

今回の大阪府交野市の聖地巡り、メイン目的地の獅子窟寺へ向かいました。

御本尊は薬師如来です。

前回は時間もなく山の麓で断念しましたが、今回は無事に到着することができました。

まずは、獅子窟寺へのアクセスの様子からお伝えします。

獅子窟寺は、ハイキングコースを通り歩いて行く方法もありますが、私たちは前回同様に車でアクセスしました。


獅子窟寺への道は狭くて、普通車一台がやっと通れるくらいの道幅しかなく、しかも急な坂道です。さらには曲がりくねっています。


大きな車や、運転に自信のない方は、歩いて登る方が良いと思います。

麓から獅子窟寺の駐車場までは、車で10分くらいの距離です。ただ、私が知る限り、車のすれ違いができそうな場所はありませんでした。対向車が来たら、いったいどうすれば良いのでしょう?

幸いにも私たちは対向車とあうこともなく、無事に獅子窟寺の駐車場へたどり着けました。

ただ、車のエンジンは、うーーーーんという感じで唸って苦しそうでした(^^;
遊園地のジェットコースターのような感覚で山道を登って行きました。

ちょっとスリルがあり怖かったです。

獅子窟寺の本堂に行くには、駐車場から少し歩きます。私たちは、車をとめて、坂道を歩いて登りました。

本堂へ行く途中、「お大師さんの水」に寄りました。


いつの時代からか、この谷の男石と女石から出る水を『弘法大師の水』と呼んでいるそうです。

陰陽水ですね。

獅子窟寺がある普見山は、花崗岩でできていてパワーも半端ないです。

この辺り一帯、神々しい光に満ち溢れています。

巨石もゴロゴロしています。


そして「お大師さんの水」から、さらに10分ほど登ると瑠璃殿(本堂)に到着しました。


瑠璃殿からの景色が素晴らしいですね。

空気も澄んでいます。

お天気が良いと、大阪の街並み、淡路島、六甲山なども見渡せるそうですよ。

まず、私たちは本堂でお参りをしました。

お参りしていると、目の前に『18才と81才の違い』という言葉が目に入ってきました。

本堂に張ってあったのですが、ちょっとユニークだったので紹介します。

『18才と81才の違い』

●恋に溺れるのが18才

 風呂で溺れるのが81才

●道路で暴走するのが18才

 道路を逆走するのが18才

●心がもろいのが18才

 骨がもろいのが81才

●偏差値が気になるのが18才

 血圧、血糖値が気になるのが81才

●まだ何も知らないのが18才

 もう何も覚えていないのが81才

●東京オリンピックに出たいと思うのが18才

 東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才

●自分探しをしている 18才

 皆が自分を探している 81才

この『18才と81才の違い』を見て、思わず笑ってしまいました。

巷では、面白いとかなり話題になって、あちこちに書いて張られているようですが、よく考えてみると81才の方に失礼では・・と思ってしまう内容ですね(;^_^A

81という数字は、光を意味する凄い数字です。

ちなみに、日本の国番号も81です。これは、ただの偶然ではないと思います。

日本も光を意味し、光の役割がある国なのです!

日本は太陽の国ですからね。

数霊81の事を書いている過去の記事も紹介します。

琵琶湖の女神降臨

この時も、4月4日獅子の日の事を書いていて、今回の事とシンクロします。

数霊81にあたるのは、光、人間、胎児、先祖、鳴門、清め、天神、神殿、大黒、釈尊、感謝、一隅、未来などがあります。

81才の人は、光の人ということです。

81才になるということは、とても素晴らしいことなのですね。

私たち人間は、宇宙根源から生まれた光の存在です。

記憶を消され、生まれてから日々修行しながら生きていますが、私たち人間の本質は光なのです。

人間は、光で愛に満ちた存在です。

今、地球が次元上昇しています。

それによって、地球に住んでいる人間の細胞も振動され、これから覚醒していく人が、増えていきます。

今こそ自分が光の存在であったこと、自分の天命を思い出すときなのです。

今回の聖地巡りでは、天田神社の神様から「心の目で見なさい」ということを言われていました。

これが今回のテーマでした。

心の目とは、世の中には、目に見えるものと見えないものがあります。

人間は、高価なものや、魅力的な姿をしたものなど外見に興味を持ち惹かれます。

そういった外見的なことも大事ですが、あまり外見、見た目ばかり囚われていると、物事の本質を見逃します。

本当に大切なものが見えなくなります。

この世には、愛や経験、感動、おもいやりなど、目に見えない素晴らしいものが沢山あります。

目に見えないものをみるには、心の目を養うことです。

見えないものを、心の目で見ていくことが大切です。

スポンサーリンク

特にこれからの時代は、心で繋がり、心の目で見る力を持つことを求められていくと思います。

そんな事を思いながら、本堂の横の階段を上がり獅子窟岩(巨石)がある方へ歩いていきました。。



この岩が獅子の口が開いているように見えるので、獅子窟と呼ばれるようになったそうです。

獅子窟岩で、平安時代に弘法大師(空海)が修行している時、秘法を唱えると、北斗七星から隕石が3つに分かれて地上に落ちてきました。

獅子窟岩の、近くまで行くとロープが張られていて、立ち入り禁止になっていました。これ以上先には進めません。

【獅子窟岩の横から】

『石垣が崩れる恐れがある為、獅子窟へお参りされます方は、上のほうよりお参りください』という看板があったので、上の方からお参りさせていただきました。

足元もかなり危険なため、岩の上から獅子窟に繋がらせて頂きました。失礼いたします。

目をつぶり無心で立っていると、細胞が振動していき、自分の周波数が変わっていくのがわかりますした。

『天門が開いた?!』

というインスピレーションが降りてきました。

そして目を開けると、目の前には美しい光の世界が広がっていました。

とても不思議な感覚でした。

天門が開き、大宇宙の根源の光が解放されました。

全ては、自分が創り出す世界です。

このことも、すべて意味があったのかもしれません。

今回、獅子屈岩を正面からお参りすることはできませんでしたが、正面からお参りしなければいけないというのも、また執着でした。。

どこからでも次元超越すれば、心で繋がることができるという学びだったのかもしれませんね。

それにしても見事な磐座群です。

これは陽岩(男)でしょうか?

ちょっと落ちてきそうで怖いですね。

陽岩があるということは、もしかして獅子屈は陰岩(女)なのではないのでしょうか?

この陰陽石は、天門にいる二頭の獅子を意味するのか・・・

獅子は女神、女性の強さを象徴します。

そして獅子窟岩の隣には、巨大な弁天岩があります。

こちらの弁天岩にも圧倒されました。

アンテナのように宇宙のエネルギーを受信しています。

獅子窟寺境内には、数多くの巨石があります。

これらの巨石には、それぞれ名前がつけられています。

この天福磐(大黒石)は、災い転じて福と成すと伝えられている岩です。

この岩を、両手でしっかりと抱いて、自分のお願いを一つだけ三回唱えると、諸願成就すると言い伝えられています。

また獅子窟寺、獅子窟岩より更に奥には、奥之院があり、みろく岩・龍岩窟もあるようでしたが、今回はここまでのようです。

また次回ご縁があれば、奥之院まで行ってみたいと思います。

私達は、巨石ワールドを満喫し獅子窟寺を後にしました。

その後、連日のように空には不思議な雲や虹がでて、虹の球を持つ口を大きく開いた獅子のような雲が現れました。




天門が開き、宇宙から豊かさのパワーが地球に流れ込んでいます。

貴方は、宇宙から降り注ぐ豊かさのエネルギーを受け取る準備はできていますか?

今、天上界が大きく動いているようです。

 

スポンサーリンク

 - 神社・仏閣巡り

error: Content is protected !!