アセンション・光のメッセージ

パワースポット&光の画像を紹介しています。アセンションやスピリチュアルメッセージもお伝えします。

【奥多摩】水の女神☆瀬織津姫さまの旅、玉川水神社(鳩ノ巣渓谷)と元栖神社

      2019/01/05

新年あけましておめでとうございます。

2019年も皆様にとって、幸多き一年となりますよう心よりお祈り致します。

昨年は、私達のブログを読んで下さり本当に有り難うございました。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

お正月は京都、奈良の天川村へ行ってきました。命の源、『水』に感謝をし竜宮城へと繋ぐ旅となります。

途中、洞川温泉の方は雪が降っていて、冬は観光客も少なく、渋滞にも巻き込まれることもありませんでした。

情緒溢れる町並みを散策し、温泉に入りながら、ゆっくりと静かな時間を過ごすことができました。

しかし、一方で、元旦早々、年末に噴き出したカルマの学びの旅ともなりました。

その学びについては別途ご紹介します。

さて、今回の記事は、前回の続きで、昨年暮れに行った奥多摩の旅について書きます。

奥多摩の旅は、導かれるままの旅となりました。

奥多摩湖の自然の美を堪能した後、流れで近くに鎮座する元栖神社に行くことにしました。

元栖神社は、丘の上にある小さな神社です。

坂道を登った所にあります。車がすれ違えないような細い坂道なので、徒歩で行こうか悩みましたが、思いきって車で行く事にしました。

なんとか元栖神社に到着し、本殿前に立つと、風が吹いてきて大地を渦巻く龍神のパワーを感じました。


メッセージは特にありませんでしたが、元栖神社のことが気になったので、後でネットで調べてみました。すると龍神さまに導かれた理由がわかりました。

ご祭神は、太陽神の猿田彦さまです。

そして、元栖神社がある奥多摩町白丸という場所は、風水でいうと四神相応の地となり、龍穴にあたるそうです。

龍穴には、大地のエネルギースポットという意味と、龍神の棲みかという意味があります。

元栖神社の場合は、大地のエネルギースポットで、山から流れてくる龍神のエネルギーが噴き出すポイントのようです。良い気が集まる場所で、開運効果もあるそうです。

境内には南天という縁起ものの植物の実もなっていました。

私たちは、元栖神社で龍神のパワーを受けながら、境内を散策を楽しみました。

この近くに、十一面観音さまを祀っているお堂があるようですが、今回は時間がなく、また次回にお伺いすることにしました。そして、日も落ちてきたので元栖神社を後にして、急いで鳩ノ巣渓谷に行くことにしました。

車で、15分くらい走ると鳩ノ巣渓谷付近に着きました。車を停めて、多摩川へ降りてみると、雄大な渓流美「鳩ノ巣渓谷」がありました。

橋から眺める鳩ノ巣渓谷の清流は、多摩川の下降とは全然違い、巨石に囲まれ、龍のように白波を立てながら勢い良く流れていました。

さらに遊歩道を歩いていくと、小さな滝があり眺めていると後ろから視線を感じました。

後ろを振り向き、見上げると丘?があり、丘の上に小さな祠がありました。後でじっくり見てみると、その丘は1つの大きな巨岩から出来ていました。

スポンサーリンク

私たちはその巨岩の上にある小さな祠まで行ってみることにしました。

石碑には玉川水神社と書かれています。こんなところに社があるなんて、ビックリしました。社の近くに立ち、ここのエネルギーを感じてみました。

この岩場の波動は、とても強力です。

そして、アンテナの役目をしているようです。受信したエネルギーを多摩川に流しているように思えました。

私たちはそこで祝詞をあげました。すると、更にとても澄んでいる素晴らしいエネルギーが流れて来ました。

風が強まり大きなエネルギー体が降りてくるのを感じました。

そのエネルギーに浸っていると、瀬織津姫さまが浮かびました。

瀬織津姫さまのブルーの光のエネルギーに包まれました。

その時、多摩川を守っているのは瀬織津姫さまだと確信しました。

今回の奥多摩の旅は、最初から私たちのそばに瀬織津姫さまがいて、九頭龍神社から始まり、必要な神社を回るよう導いて下さっていたようです。

私は、旅の前まで玉川水神社の存在は、全く知りませんでした。

巨岩の上にある小さな祠を見つけた時は、ビックリして、本当に感動しました。

更にビックリしたのは、この水神社の上から見た多摩川の渓流は、私ととてもご縁のある川の渓流とそっくりなのです。

波動も一緒です。3次元的には別々の場所ですが、神域の時空間では繋がっているような気がします。玉川水神社に導かれたことに、心より感謝致しました。

そして、奥多摩の旅の締めくくりとして、瀬織津姫さまが宿る玉川水神社へ導かれたことも納得できました。

ここで、今まで出逢って来た龍神のエネルギーと瀬織津姫さまのエネルギーを統合したように思います。

龍神たちは、瀬織津姫さまの水のエネルギーを受けて、よりパワフルになったように感じました。

あとから思ったのですが、九頭龍神社で見た青い光も実は瀬織津姫様だったようです。九頭龍さまと瀬織津姫さまは、とても深い関係があるようです。

2つのエネルギーが合わさると、共に渦を巻いて、螺旋状に絡み合い天へ登って行きます。今回それが良く分かりました。

奥多摩は、瀬織津姫さまと龍神のエネルギーが満ち溢れた素晴らしい場所です。

まだ気になる場所も幾つかあるので、また近いうちに行ってみようと思います。

鳩ノ巣渓谷のところに、カフェがあったので、オーガニックコーヒーを飲み体を温めました。

こちらのお店のコーヒーの水は、渓流のところの湧き水を使用されているそうです。

すごいパワーのオーガニックコーヒーですね。パンプキンケーキとオーガニックコーヒーを頼みましたが、

本当に美味しかったです。

そして帰りに、奥多摩温泉『もえぎの湯』に寄り、温泉でゆっくりすることにしました。

もえぎの湯は、奥多摩の地下深く、本列島最古の地層といわれる古地層から、悠久の時を経て湧き出る温泉です。

奥多摩温泉のお水は、瀬織津姫さまの波動です。

源泉100%天然温泉で、露天風呂では、多摩川の流れ、鳥のさえずりを感じる事が出来るので、本当に癒やされます。

なんといっても本当に水が綺麗なんです。泉質も良く、美容効果も高いようなので、奥多摩に訪れた際には、是非寄って見てみて下さいね(*^.^*)オススメです。

奥多摩温泉 もえぎの湯

 

スポンサーリンク

 - 瀬織津姫, 神社・仏閣巡り ,